2月のみかづき。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月のみかづき。

"Light the Life"  青年海外協力隊として、ラオスで英語の先生になる!編

【Week 8 授業振り返り】ホットシート・サイコロトーク・嘘つきゲームのESLアクティビティ!

サバイディー!ラオスから、こんにちは。

ピーマイ(ラオス正月)休み前の最後の週、8週目の授業振り返りです。

この時期によく咲くドッククーンの花。上から黄色の鮮やかな花が垂れ下がっています。日本の桜が見れないのは残念だけど、こちらもきれい。

https://www.instagram.com/p/BSd3LT0AsXE/

 

4月3日(月)

Elementary 

  • irregular verb
    先週やった irregular verb のプチテスト、定着度チェックのためにもう一度やりました。うむうむ、ですね。その単語を使って質問しながら、答えを確認していきます。過去形に関して、what's up のグループチャットを通して週末についての10の質問を送っていたので、それについて答えるという宿題を回収ー。

  • プレゼンテーションについて
    ピーマイ明け後に、自分の昔の写真を持ってきて、それを紹介するプレゼンテーションをすることを伝えます。今回が1人で行う、初のスピーチ。(前回はペアワーク)

  • 発音 f,v 
    今週は少し難しめの発音が多し。f も vも形はそんなに難しくないから、息を出す感じがつかめれば、出るようになるはず!

  • 文法 I,me, my
    教科書と連動して、I, my, me のお勉強。これもよく考えたら、ラオス語や日本語にはない概念だよなぁ。教科書の問題はちょっと難しめなので、別のワークシートを用いて説明。ちょっと腑に落ちていない様子。。。

Pre-intermediate 

  • サイコロトーク
    出来るだけ、あまり話したことのない人とグループになってもらい、ウォーミングアップがてら、サイコロトーク!(4人×2チーム、5人×2チーム)
    前に作ったサイコロと、最近ゲットしたベル!ベル、「終了ーーー!」っていうときにめっちゃ便利だわ。

    f:id:mikachanko4281196:20170408192828j:plain

  1. What did you do for the weekend? 
  2. Tell us about your parents/grand parents.
  3. What are your new year's resolutions?
  4. My favorite subject at school.
  5. The difference between "be going to" and "will".
  6. Free!

    ・・・という先週の授業と宿題に関する6つのお題をホワイトボードに書き、サイコロを振って出た番号のお題について3分ずつ×4ラウンド、グループごとに話してもらいました。

  • 文法:時制チェック
    サイコロトークのグループのまま、先週学んだ時制チェックへ。白紙を1グループ1枚ずつ配って、私が言った時制(ex: Present simple with action verb, future simple with will など)のフォーム(肯定・否定・疑問)と例文を、グループごとに紙に書いてもらい、そのあと1つの時制ごとに全体で確認していきました。

  • プレゼンテーションのフィードバック
    2週間前に行ったプレゼンテーションの個人フィードバックを、ようやく配布。生徒同士がチェックしたものと、私からのコメント(よかった点、改善点、発音・文法の間違い)を書いたものを渡します。

  • 発音 f,v 
    こちらのクラスでも f, v の音。バイブレーションが難しい。そしてこの顔笑っちゃうぜい。

 

4月4日(火)

Elementary 

  • 文法:I, my, me
    昨日やっぱり不完全燃焼だったら、文法項目をあらためてチェック。宿題にしていた、教科書問題はやっぱり難しかったと。。。即席で黒板に6つ穴あき例文を書いて、全体で確認していく。
    主語が純粋に He だったり They だと分かりやすいけれど、人の名前とか町の名前、物になったりすると混乱してしまう。
    プラス object の概念がいまいち分かりづらいとのことで、説明。あああ、がんばって説明しようとすればするほど、静まっていく教室・・・・。そして静かだと、焦ってしまう私。あああう。

  • 発音 s,z / ʃ, ʒ
    英語にある2つの s の音。よく間違えやすいけれど、音の出し方さえ分かってしまえば、意外と音を出すのも、音を聞き分けるのも簡単なのであーる。少しずつ、3人称単数形や複数形の s / z にも意識してもらえるように。
    前半の文法説明で、「アーチャンムアイノー(先生、今日つかれたね)」と、労われる。うぎゃー、顔でばればれだー。「」というラオス語と、このクラスの定番ギャグ "Thank you very much" (最後の ch をめっちゃ強調して言う)で笑わせてくれる。やさしいい。

Pre-intermediate 

  • 発音 s,z / ʃʒ
    中級クラスも、発音から!無声音(s, ʃ)はほとんど問題なしだけど、やっぱり有声音(z,ʒ)がなかなかに難しい。思っている以上に息を使うのです。お気に入りの tongue twister (早口言葉) "She sells the seashells by the seashore...."で練習。

  • 時制プレゼンテーション:present / past perfect
    さて、今週も時制プレゼンテーションは続いていきます。今日は present perfect と past perfect を。グループ発表になって、リーダー的な存在で発表している生徒さんなど、意外な一面も見える。
    現在完了は、使いこなせると、かなり便利な時制ですが、この時制が持つ「感覚」を説明するのは、中々難しいのです。事前に確認したのもあって、しっかりとしたプレゼンテーション。ただ情報量がかなり多かったのもあり、聞き手の生徒からは質問がたくさん。

  • 確認
    プレゼンで出てきた情報をまとめる、という形で全体でもう一度確認。

 

4月5日(水)

Elementary 

  • グループごちゃまぜ
    まず皆に立ってもらって、"I drank coffee this morning."と、文を言っていき、Yes だったら教室の左側に、No だったら右側に移動してもらい、クラス内をごちゃまぜにしていきます。あとは使ったのは、"I have chickens at home." "I have more than two cellphone." などなど過去形と現在形を使いながら続けます。(次回やるとしたら、この文を生徒さんに言ってもらってもいいかも!)
    過半数以上が地方出身だったり、携帯2個以上もちだったり、A型の人が1人だけだったりと新しい発見もちらほら。最後は血液型ベースで、3つのグループに分かれてもらいます。

  • 単語書き出し
    何に使うのかは伝えず、グループごとに、トピックにあわせた単語を出来るだけたくさん書いていってもらいます。今日は6つのトピックを提示。
  1. Occupations 
  2. Family members
  3. Things in a classroom 
  4. Places in a city 
  5. Verbs 
  6. Adjectives

    ちなみにこの授業のあとに、書いたものを改めてチェックしたのですが、スペリングが苦手な人が多いなぁと実感。音を頼りに書いてるんだろうなぁ。どこまで力を入れるか。
    書いたものは、箱に入れてもらいます。

    f:id:mikachanko4281196:20170408182034j:plain

  • ホットシート(Hot seat)
    書いてもらった単語を元に、ホットシートというゲームをしました。各グループから1人ずつ前に出てきてもらって、ホワイトボードを背にしていすに座ってもらいます。ホワイトボードに単語を書いていき、グループの他のメンバーが英語やジェスチャーを使って説明します。座っているメンバーがその単語を当てられたら1点!というものです。ラオス語を使ったり、その言葉を言ったら、1点マイナスします。ふふふ
    前学期にやったとき、その場で私が単語を考えてたら中々思い浮かばなかったり、レベルを考えるのが難しかったので、今回は生徒さんたちにあらかじめ書いてもらうことにしました。
    「なるべく話してー!」「先にカテゴリーを伝えるといいよ!」と伝えるも単語を英語で説明するのは、中々に難しいようで、結構苦戦していた生徒さんたち。"opposite of short!" などと「○○の反対!」作戦に出たり、ひたすらジェスチャーしたり。うむ。単語チェックと楽しむという点では good だけど、スピーキングの練習としては、もうちょっと工夫(フォーマットを事前に練習しとく等)が必要かも。

  • was / were (過去形)
    過去形の be 動詞の導入。生徒さんの過去を聞きながら、ホワイトボードにて説明したあと、ワークシートの説明文を見ていきます。

Pre-intermediate 

  • 発音 tʃ, dʒ
    今週最後の発音は、tʃ, dʒのお2つです。これまたラオス人で苦手な人が多いけれど、口の動かし方が分かれば、音は出る音。うんうん、みんないい感じに出てた!あとは練習して慣れるのみーー!

  • 接続詞
    生徒さんからリクエストのあった接続詞をやりました。and, so, but, becauseの簡単なものの確認&問題を解いてから、4つと同じ働きを持つ他の言葉・表現を学んでいきました。問題文から、both, either, neither の説明も。

  • 時制プレゼンテーション:future continuous / perfect・確認
    さてさて、時制プレゼンも終わりが見えてきました。今日は難関な future continuous と future perfect のプレゼンです。最初はやらなくてもいいかなーとも思ったのですが、必要かどうかは学んだあとに生徒さんが決めるものかな、と思い、今回やってもらうことにしました。
    ひぃやー これまた説明が大変だったけど、ようまとめてました。終わったあと、タイムラインを使ったり、例文を作ったりで全体で確認しました。

 

4月6日(木)

Elementary 

  • 2 truths 1 lie 
    いつ取り入れようかなーと思っていたスピーキングのアクティビティ。ここにて解禁。まずは過去形をつかって、自分の過去について3つ文章を書いてもらいます。その内2つは本当で、1つは嘘。文章について、質問を受けて、どれが嘘かを当ててもらうというもの。
    みんなに書いてもらってチェックして大体見て回ったところで、何人かに1人ずつ前にきてもらい、書いた3つの文章をホワイトボードに書いてもらい、他の人がそれについて質問してきます。間違えているときは、私の方で指摘。習った過去形をスピーキングで練習・レビューするのにぴったりなのです。
    今回は4人の生徒さんに前にきて「うそつき」になってもらいました。各国に旅行したことや、宝くじで大当たりしたことや、facebookで彼女と出会ったこと(!)など初めて知ることもあり、おもしろかった!


  • 発音 tʃ, 
    ついに "Thank you very much"をちゃんと学ぶ日が来ました(笑)

  • was / were ワークシート
    ほとんどできず。宿題にしてしまいました。その他、休み中の宿題として、自分の昔の写真についてのプレゼンを進めることと、I,me, myをだめ押しでもう一度ワークシートを配布しました。

Pre-intermediate 

  • 発音(復習)
    プレゼンの生徒さんが遅れてくるということで、今週やった発音の復習をやることに。習った音が入った文章を読む練習をしました。

  • 時制プレゼンテーション:Present / past continuous 
    最後のプレゼンテーション、Present / past continuous についてです。これまたたっぷりの情報量。"Extra knowldge"ということで、自作のワークシートまで配布してくれる気合の入ったプレゼンでした。

  • 時制レビュー
    先週からやってきた時制のおさらい。タイムラインとフォームそれぞれの表を配布して、見ていきます。後半難しめのものが続いたのもあり、定着、自分のものにするにはもうちょっと時間がかかるかなという印象。残りのコースの中で、復習がてら、それぞれの時制をつかったアクティビティを取り入れていこうと思います。ひとまずは皆、good job!

 

配布した表など、時制に関するサイトや動画をまとめて、こちらで共有しています。もし興味があればどうぞ!


 

おまけ -今週の風景ー 

今週は、とても天気がよくて(暑いけど)歩いていて、「気持ちいいなー」「きれいだなー」と思うことが多かったなぁ。マンゴーの木。

https://www.instagram.com/p/BSd2ZTGggpp/

 ハートみたいでかわいい。なんの実だったんだろう?

f:id:mikachanko4281196:20170408193049j:plain

休憩中のキンソム(おやつ)タイム!すっぱいマンゴーと甘いマンゴーを買ってきてくれました。いい笑顔!

f:id:mikachanko4281196:20170408181929j:plain

そしてピーマイ前最後の日、お昼クラスからお菓子や飲み物が詰まったプレゼントをいただきました。そしてクラス代表がピーマイの詩を読み上げます。

f:id:mikachanko4281196:20170408185514j:plain

そして授業後は、ピーマイ前祝い!水曜日は夕方クラス、木曜日は昼クラス。この時期はパーティー三昧です。

f:id:mikachanko4281196:20170408185521j:plain

 

金曜日は職場の本部にて、ピーマイパーティー!ベトナム語の修了式があり、バーシー儀式には間に合わず、パーティーからの参加でございます。今年のおそろいTシャツはまさかのショッキングピンク!

f:id:mikachanko4281196:20170408184617j:plain

ラオダンスダンスダンス!

f:id:mikachanko4281196:20170408181817j:plain

活動先の部署での記念撮影!横には、歌いつづけるおじちゃんもちゃっかり写ってる。

f:id:mikachanko4281196:20170408185453j:plain

今年もびしょぬれ。結構早めに帰ったのですが、帰った直後ピーマイがトラウマになりそうなすごい頭痛に襲われる・・・。氷水をかぶって、「寒・・・」となってたしな。。。

f:id:mikachanko4281196:20170408184638j:plain

今週末から、18日までロングホリデーです!北部に旅行にいきます。いえい。

f:id:mikachanko4281196:20170408192926j:plain

【Week 7 振り返り】折り返し地点!マザーグースで発音と時制プレゼンテーション。

サバイディー!ラオスからこんにちは。

3ヶ月の英語コースの折り返し地点、7週目の振り返りでございます。

https://www.instagram.com/p/BSLvvAEA09D/

 

3月27日 (月)

Elementary

Past simple (過去形)導入

今週から過去形に入っていきます。"What did you do for weekend?(先週何した?)" の質問から、授業スタート。答えてもらったのを、板書していきます。勉強してなかったのもあり、やっぱりPresent Simple(現在形)で答える人が多し。

そのあと、過去形では動詞を変化させることを伝えます。文章を変えてもう一度言ってもらう。そのあと、肯定/否定/質問のフォームを、Presesnt simpleと比較しながら教えて、少し練習。ラオス語と英語で説明が書いてあるワークシートを、配布。

 

発音

発音は、今週から子音に入っていきます。今日は p, bの2つの音。まず音の出し方を説明して、そのあと単語練習、p,b の音がたっぷり入った文章(sentence)とパラグラフがのったワークシートを参考がてら配布。1度ゆっくりめに私の方で読んで、あとは各自練習してもらいます。

今日は、"3 ways to speak better"ということで、英語を話すとき、特に発音を勉強するときに意識するといいことを3つ伝えました。

  1. Speak slowly
  2. Move your mouth 
  3. Speak up (speak louder)

某発音動画サイトの受け売りです。笑 でもどれも大事。口が慣れるまでは、練習するときに1つ1つの音のポジションへと動かすために、時間をかけて、口をおおげさなくらい動かす。そして純粋に声や息の量が足りなくて、正しい音が出ないこともあるから、大きな声を出して練習していきましょう。

 

Textbook (リーディング)

宿題としてだしていた synonyms (類義語)と  spellingの間違い探しの設問の答え合わせ。

 

Pre-intermediate

発音 P, b

ウォーミングアップがてら、発音からスタート。初級クラスと同じく p,bの音。単語・センテンス・パラグラフの順番でやっていきます。こちらのクラスでは、センテンスやパラグラフも実際に読んでもらいます。

あとは、早口言葉も紹介 for fun。発音練習に、早口言葉はよく効くんですよ。変わりに (in return)ラオス語の早口言葉も教えてくれました。

f:id:mikachanko4281196:20170331183207j:plain

 

単語

お次は単語。今日は私じゃなくて、生徒によんでもらってディクテーションをしました。そのあと新しい言葉たち、adverbs(副詞)を学びました。

 

Who am I?

パーソナリティーがテーマの教科書リーディングのまとめとして、"Who am I?"というアクティビティをしました。日本にいたときに施設でこれに似たことやったことがあって、それを少し応用したものです。

最初は、人の形が書いてある A3の紙に、自分のことを書いていってもらいます。お手本を見せながら、自分の interest や personality などなど、文章でも単語でもOKなので、自分を表すことを、思いついたまま書いていってもらいます。

みんな熱心。顔の絵にも凝っている。笑 「時間が足りない〜」「あと5分欲しい!」

f:id:mikachanko4281196:20170331174702j:plainf:id:mikachanko4281196:20170331174800j:plain

そのあとは書いたものをグループの他の人と共有してもらいます。それをふまえて、今度はグループ内の人について、知っていること、こんな personalityをもっていると思うということを、また文章か単語をポストイットに書いてもらい、その人の紙に貼ってもらいます。

1通りグループ内で書き合ったら、クラスの他の人の所へもお互い書いて貼りあっていきます。

f:id:mikachanko4281196:20170331174916j:plainf:id:mikachanko4281196:20170331175146j:plain

約1ヶ月半同じ教室で一緒に勉強してきた人たちのことを、どれくらい知ってるのか。今回は皆お互いの名前を覚えています!(前回は6ヶ月もあったのに、顔は分かるけど名前がわからないって人が結構いた。w)皆思った以上によくお互いを見ているんだなぁと、それぞれの紙を見ながら思いました。

f:id:mikachanko4281196:20170331184314j:plainf:id:mikachanko4281196:20170331183843j:plain

 

3月28日 (火)

Elementary

Past simple

さて、昨日に引き続き過去形をやっていきます。まず、昨日のことについて尋ねる質問を5つ各自書いてもらいます。そのあと、どんな質問ができるか皆で確認。

そのあと、自分で書いた質問や、確認した質問を、ペアになり質問しあってもらいます。3つのペアに、どんな質問したか尋ね、皆の前でもう一度やってもらいます。

それを書き起こして、もう1度全体でフォームの確認。

そのあと少しワークシートを進めて、irregular form の動詞の形を見ていきます。スペリングも大切だけど、発音にもフォーカスを当てながらみていきます。

 

発音  t,d

昨日やった p, b を簡単に復習してから、t,d の音へ。これらの音は、単語の最初にくると割ときれいに発音できてるのですが、最後の音は発音されなかったり。ラオス語はもともと、単語の最後をあまり発音しないというのもあるのだと思います。

丁度過去形もやっているので、文末での t, d の音を重点的に練習していきます。

 

Text book(リーディング) big city

教科書はこの日から、新しい章へ入ります。教科書の写真(上海の写真)を見ながら、導入。リーディングに入る前に、Pre-reading としていくつかの key wordを確認していきます。

まず簡単に目を通してもらったあとに、私の方で音読するのをテキストを目で追いながら聞いてもらいます。

そのあと、質問を通しながら理解チェック。ちなみにテキストを読んですぐ聞いたときは、"30%" "70%" "50%"と結構バラバラ。

テキストの音読を宿題にして、この日は終わりにしました。

Pre-intermediate

Who am i?

昨日やったアクティビティの紙を、3人に発表してもらいました。私の方で、それぞれ書いたものに目を通して、いくつかフィードバックを。 

~が得意であるという意味の "be good at – ing"の表現と、Thank you for ___ のあとは -ingか名詞がくることの説明。

あとは、I like to / -ing の間違えが多かったので、ワークシートを使いながら確認&少し練習。

 

日本のこと

なにがきっかけだったのか忘れちゃったのですが、日本のことについて集中質問!お祭りのことや、季節のこと、言葉などたくさん聞かれました。あとは、私が日本に帰ってから参加したいと思っているプログラムのことなどなど。時間がなくなってきてしまったので、来週の金曜日に、日本紹介の時間をもつことを約束!

 

発音 p, b review. t,d

初級と同じく、p,b のレビューと t,d の導入!過去形の末の音のルールも簡単に復習。

 

Grammar presentation 準備

ほとんど時間がなくなってしまったのですが、明日からはじまる 時制に関するプレゼンテーションの準備の時間を少しもちました。

明日発表のグループをメインに、私の方でも確認していきます。

 

3月29日 (水)

Elementary

過去形 Irregular verb

この日は大きな会議があり、人数が少し少なめ。まずは、トランプでグループ分けします。私が3つずつ動詞をinfinitive の形で書いていくので、それをアルファベットカードを使い、過去形にかえてスペリングしてもらう、早く3つとも出来たチームの勝ち!というゲームをしました。

圧勝していた1つのチームは、10秒~15秒待ってもらってからやりはじめても、最終的に勝ってました。

 

発音 k,g

結構苦手な人が多い k, g の音。とくに真ん中にこの音がくると難しい。3つのアドバイスを思い出してもらいながら、ゆっくり練習します。

 

Textbook リーディング

昨日から読み始めたテキストを、まずペアで1 sentenseずつ読む練習をしてもらいます。そのあと全体で読んでいきます。ペアリーディングは good。最初から全体で読むよりも、1度 help each other しながら練習・確認してから全体でやった方が自信をもってできる。

そのあと、T or F 問題の確認。よく細かく読んでいる生徒。

The tallest tower in ther world はどこだ? The tallest building in Vientiane はどこだ?など話していたら、時間がきて終了~。

 

Pre-intermediate

発音 k, g

まずは発音!初級と同じくk gの音。音の出し方説明→単語→文章→パラグラフ。「あ~あの単語はこの音だったのか」とのリアクションあり。

 

Grammar presentation

そしてこの日から、時制のプレゼンテーションスタートです。最初のグループは、Present simple (現在形) Past simple (過去形)の単号。

パワーポイントを用いて、約14分間にわたるプレゼンテーション。

f:id:mikachanko4281196:20170331183508j:plain

Present simple Past simpleって簡単そうに感じるけど、意外と使い方、その感覚などを説明するのが難しいですよね。be verb (be動詞) action verb (一般動詞)の説明もしなきゃいけなかったし、項目分けてあげればよかった、、、と後からちょっと思いました。

メインで説明した生徒さんは、1番最初のコースに参加していて、今回2回目の受講。普段はシャイだけれど、堂々と説明して、最後にもしっかり質問に答えている姿を見れたのは嬉しかったなぁ。

 

もう一度説明

休憩をはさんで、もう一度 Present simple Past simple を整理。生徒さんに質問しながら例文を作っていき、フォームの確認。

 

3月30日 (木)

Elementary

過去形 irregular verbs

配布&予告しておいた表をつかって、irregural verbsのプチテスト。そのあと、みんなで声に出しながら確認。出来ている人とそうじゃない人の差が結構大きい。あせらずあせらず。来週もう一度、同じプチテストをやります。

 

発音;マザーグース

この日はお試しとして、マザーグースを使いました。今週学んだ音が入っているのもあり、有名な Humpty Dumptyを紹介。

Humpty Dumpty sat on a wall,

Humpty Dumpty had a great fall;

All the king's horses and all the king's men 

Couldn't put Humpty together again.

 

まずは簡単にマザーグースのことを説明して、写真を使いながら、Humpty Dumptyの話しの筋を少し説明します。そのあとまずは文字ごとに発音。そして音をつなげて読む練習(ex: sat on a , had a, together again)を。そのあとに、センテンスにおけるアクセント(どこを強く読むか)のアイディアを説明したあと、ペアで練習してもらいます。

1センテンスずつ交互にリズミカルに読んでもらうようにアドバイスして、3ペアに発表してもらいました。ちょっと情報量的には too muchだったかもしれないけれど、これで他の勉強をしているときにも、音のつながりや強弱を説明しやすくなります。

そして最初は、ちょっと「???」という反応でしたが、あとから「今日は、ピアノみたい(??リズムのこと?)で楽しかった」とのフィードバックもあり。あと1〜2回コース中に取り入れたいと思います。

 

Textbook リーディング

今週取り扱っているテキストを、昨日読んでたとき上手だった人4人にパラグラフごとに読んでもらいました。

そのあと、ボキャブラリーに関する問題を解いていきました。

 

Pre-intermediate

発音:復習とマザーグース

欠席していた人も何人かいたので、まずは今週やった6つの音について復習。そのあとは、マザーグース

こちらのクラスではもう少し長めの "I had a little nut-tree."を紹介しました。

I had a little nut-tree, nothing would it bear
But a silver nutmeg and a golden pear;
The king of Spain's daughter came to visit me,
And all because of my little nut-tree.
I skipped over water, I danced over sea.
And all the birds in the air couldn't catch me.

1つ1つの単語の読み方チェック→音のつながり(linking)→アクセント(どこを強く読むか)→ペアでの練習 の順でやっていきました。

さすがの中級はスムーズにいったので、参考がてらHumpty Dumptyも紹介。

 

 

Grammar presentation

2グループ目の時制プレゼンテーションは、未来系(Future simple )の will / be going toについて発表してもらいました。直前まで準備していたのですが、きちんと organized された、とても分かりやすいもので impressed でした。

f:id:mikachanko4281196:20170331182952j:plain

時制って、他の生徒も「知らなきゃ」と思っていることなので、プレゼンテーション中も、みんな集中して聞いています。(他のトピックのときは、聞いてないときもあり。。。)

もう一度説明&確認

生徒さんたちがかなりしっかりと説明してくれたので、プレゼンテーションの内容をもう一度確認するような形で、理解チェック&質問に答えて

will と be going to の違いも丁寧に説明してくれたので、他の生徒もしっくりと来たよう。

 

宿題

5センテンスエッセイ×3。プレゼンテーションを通して学んだ時制を使ったトピックについて書いてきてもらいます。

  1. What subject is most interesting to study (use present simple)
  2. Your parents' / grandparents' story/history (use past simple)
  3. New year’s resolution! (making promises to yourself to do/try something for new year: use future simple)

 

 

 おまけ 〜今週の風景〜

月末の出席確認中〜〜3月は、計18日授業がありました。

f:id:mikachanko4281196:20170402181127j:plain

ソムサガンリハビリテーションセンター、2週間に1度位の頻度でいっています。すこしずつみんなの顔と名前が一致してきた〜 来なかった週に、センターを離れる人も結構いる。今週は、オーストラリアの人が用意してくれた材料&レシピで、みんなでパンケーキを作りました。

f:id:mikachanko4281196:20170402181251j:plain

 

ラオスの犬は、基本的に怖い。。。そのぶんか分からないけれど、猫に癒される率高し。かわいいぜい

https://www.instagram.com/p/BSIXkiTg9ld/

 去年から、women's group として、火曜日午前中にアートセラピーと、水曜日午前にストーリングテリング(birth story)のグループに参加していました。先週今週で、1度終わりを迎えました。さみしいな。女性のやさしさと強さにたくさん触れた wonderful journeyでした。

f:id:mikachanko4281196:20170331184358j:plain

 

知り合いの友達の学生に、お願いされてラオスの暮らしに関するインタビュー!英語の授業での課題で、来週プレゼンテーションするとのこと。どぎまぎ。「ラオスに来る前は、ラオスについてどうやって情報を得た?」「ラオスの好きな所はどんなところ?」「ラオスにきてから生活は変わった?」「ラオスのどんな所を変えたいと思う?」などなど聞かれました。

f:id:mikachanko4281196:20170402154806j:plain

f:id:mikachanko4281196:20170402121924j:plain

Week 6 振り返り:常滑高校のスタディーツアーとフィードバックの大切さ。

サバイディー!ラオスから、こんにちは。
授業振り返りがどんどん溜まってきている・・・おそろしやーーー。さっ、つべこべ言わずに書きます!

f:id:mikachanko4281196:20170328122003j:plain

 

3月20日(月)

Elementry 

  • 単語ゲーム
    4チームに分かれて、ホワイトボードを使った単語ゲーム。私が単語を言って、それをスペリングして、1番早く正しく書けたチームが勝ちというシンプルなもの。出来てる人と出来てない人の差が激しい。スペリング、思った以上に覚えてないかなぁ。しつこい位ディクテーションやるべきか。。。

  • 単語
    Week 4まで終わりました。単語もやりっぱなし感があるから、理解度のチェックもキリのいいところでやりたいなぁ。Quizltの活用も考えたい。

  • 現在形(Present simple) 
    先週学んだ現在形のレビュー!宿題で出していたライティングを確認します。ほぼ”理解”はできてる!ただまだ定着はしてないかなぁという印象。練習だ!

  • 明日への準備
    明日に向けて、アクティビティの説明と、そのアクティビティで使いそうな質問などを確認・練習。生徒さんの提案から、自己紹介のときに写真を見せ合うことに。

Pre-intermediate

  • チーム分けゲーム
    みんながあまりにも眠そうだったので、動いてもらうためにも、2チームに分かれる簡単なゲームを。"I drink coffee today." "I have more than 2 siblings."などの文を言って、"Yes"な人は右側に、"No"な人は左側に動いてもらって、シャッフルしていきます。結構新しい発見があって面白い。最後は血液型ごとに4つに動いてもらってグループになってもらいました。

  • 時制プロジェクト
    せっかくグループになってもらったので、本当は今週後半にはじめようと思っていた時制プロジェクトをスタートさせちゃいました。皆すごく時制(12 tenses!)を気にするのに、実際はあまり理解できてなかったり、使い方がよく分かっていない。5つのグループに分かれてもらって(B型多いから2グループ)、グループごとに2つの時制(例えばPresent simple, present continuous)を担当してもらい、来週から20分かけて、その時制についてプチプレゼン・授業をしてもらうことに。

  • 受身(passive)
    先週のプレゼンテーションを聞いて、間違いが多かった 受け身形を確認。中級のクラスは、何かしらの形で英語を勉強したことがある人がほとんどなので、文法に関しては、生徒のアウトプットを聞いたり見たりして、穴を埋めたり、復習していく形で進めています。
    今回の説明は上手くいったなー。もともとある知識をうまく引き出したり活かして整理していくのが大事かも。

  • ホワイトボードゲーム(時制)
    「眠いよー」「みか、ゲームしよう」との声を受けて(笑)時制の理解度チェックもかねて、ホワイトボード。グループに分かれてもらい、私が時制を1つ言うので、その時制を使った文章を出来るだけ多く1分30秒の間に書いていくというもの。グループの他のメンバーも助けてOKというルールなので、皆立ち上がってデットヒートに。。。w
    https://www.instagram.com/p/BR4YKXBAiKJ/
    習いたての、受け身もいれました。時制プロジェクトが終わったあとに、理解度があがったことが分かるように、もう一度やりたい。

  • 単語
    残りの15分で、単語を進めていきました。

 

3月21日(火)

Elementry

  • 愛知県常滑市常滑高校
    この日は、常滑高校から学生が17名、スタディーツアーの一環として、クラスに参加してくれました。普段の教室は全員は入れない&会議室が使えなくなり、1階のレストランを借りて行うことに。
  • グループごとに自己紹介
    簡単な挨拶のあとは、グループごとに自己紹介。コース開始2日後にあった前回の日本学生とのクラスのときより、生徒さんがたくさん話せていて嬉しかった。昨日提案があったように、お互いに写真を見せ合って話します。

f:id:mikachanko4281196:20170330095303j:plain

f:id:mikachanko4281196:20170330095304j:plain

  • 名前カード
    1つ目は簡単なウォームアップとして、小さく切った紙に、それぞれ1文字ずつ自分の名前を書いてもらい、書いたものをグループ内で混ぜます。グループ内の紙を使って、Eからはじまる単語、食べもの、動物などの単語を作ってもらいます。

f:id:mikachanko4281196:20170330095306j:plain

f:id:mikachanko4281196:20170330095305j:plain

f:id:mikachanko4281196:20170330095307j:plain

  • ラオスと日本の日常(ルーティーン)
    休憩をはさんで、メインのワークへ。ラオスと日本の日常がどんな風に違うのか、グループでラオス人・日本人をそれぞれ1人選んでもらい、その人に質問して模造紙に書いていく、ということをしました。

f:id:mikachanko4281196:20170330095308j:plain

f:id:mikachanko4281196:20170330095309j:plain

f:id:mikachanko4281196:20170330095310j:plain

f:id:mikachanko4281196:20170330095311j:plain

  • 写真もいくつか用意したので、「これはなに?」と説明しながら、現在形の練習と2国の生活の違いを知り合うということを目的としたものです。
    最後にいくつかのグループに発表してもらい、何か気付いたことを尋ねました。ラオス側からは、「(日本人は)朝起きるの遅い」「クラブ活動があること」、日本側からは「(ラオス人の)仕事が終わるの早い」などが挙げられました。
    今回、常滑高校の先生が、とても熱心に準備されていた今回のスタディツアー。何ヶ月か前から、先生と直接連絡をとらせてもらっていたので、今回無事実現できて、よかった・・・!夜も夕ご飯をご一緒させてもらいました。

 f:id:mikachanko4281196:20170330095312j:plain

f:id:mikachanko4281196:20170330095313j:plain

 

Pre-intermediate

  • 発音
    最近さぼりぎみだった発音やります。母音の復習を簡単にしてから、母音(diphthongs)を説明→単語で練習していきます。

  • 単語(ディクテーション・新単語)
    ディクテーションと、新単語。

  • 時制プロジェクト
    昨日分かれてもらったグループで、改めて発表内容の確認。どんなマテリアルを使っても、どんな形式で発表してもOKだけれど、①その時制の使い方(どんな時に使うのか)②フォーム(structure) ③例文は必須であることを伝えます。
    そして、それぞれのグループに担当する時制の参考資料を配布。グループ内で確認、発表のための話し合いをしてもらいます。 

  • interested / interesting のちがい
    最後はこれまた間違いの多い、interested / interesting や excited / excitingの確認をして終了〜。

 

3月22日(水)

Elementry 

  • 昨日の復習
    昨日書いた日常についての模造紙をもう一度貼り、新たに2人分発表してもらいます。三人称単数の s と時間についての表現を復習します。

  • 単語ディクテーション
    今週は、単語進行が遅れ気味の中級クラスに合わせて、復習のみ。今までやった単語のディクテーションをやります。

  • 休憩:(ラオス正月)
    休憩中に、ラオス正月のターム休みの確認。10日から17日と約1週間の休み。みんな何するのーから、ある生徒さんのお坊さん体験の話、お坊さんの1日などなど雑談。

  • 教科書
    忘れ気味な教科書のリーディングを。もうテーマを使わせてもらうということで、1ヶ月1チャプターやって good、という感じです。それにしても、リーディングになると急にクラスがしーーんとしてしまいます。うーん。トピックは日本で暮らすアメリカ人女性の話。まず私が読んで、そのあとまた読んでもらいます。1人よく理解している人がいたので、英語で簡単な Q&Aをしながら、彼に訳してもらって内容の確認をしていきます。

 

Pre-intermediate

  • 発音
    残り半分の二重母音(diphthongs)の説明&練習。これで来週から子音に入れます!
  • 単語
    ディクテーションからの新単語。

  • プレゼンテーション準備
    30分ほどグループに分かれて、時制プロジェクトの準備。グループを回って、チェックしていきます。そして発表する順番と日にちの決定。

  • 教科書(リーディング)
    中級も教科書リーディング!パーソナリティーがテーマのこの章。今日は星座(Holoscopes)と性格についての文章を読んでいきます。ラオスでも星座占い的なものがあるらしく、導入はスムーズ。
    まず5分で自分で読んでもらい、そのあと一緒に読んでいきます(音読)。星座ごとの性格が書いてあるところは、その星座の人〜?と聞いて、その人に読んでもらいます。たくさんパーソナリティーを表す単語がちりばめられたこの文章。読み終わったあと、"Which one do you think is the closest to you?"と尋ねいきます。時間が足りなくて、最後かけあしになっちゃったな〜。もっと色々発展させたかった。

 

3月23日(木)

Elementry 

  • Round Robin 
    初級クラスでは、2回目のRound Robin。1人50秒で、日常のことを話してもらいます。話す内容がかぶりすぎないように、クラスを4つに分けて、朝・昼・夕・夜の話をそれぞれしてもらいます。

  • 形容詞(adjective)
    Worksheet を使って、もう1度形容詞の勉強。3つの使い方をホワイトボードで説明しながら、問題を一緒に解いていきます。手応え的に、説明したときに、”50%理解”が出来てれば、enoughな気がしてます。そのあとの問題と、コースを通して反復していければ!

  • 教科書(リーディング)
    もう一度昨日の文章を読んでいきます。インタビュー形式の文章なので、全体で1人質問する人と答える人で読んでもらう。ペアでやってもよかったかな。
    そのあと、T or F と理解度チェックの問題、そのあとは文章のボキャブラリーの練習問題。

Pre-intermediate

  • Round Robin 
    中級クラスでもRound Robin、テーマはラオス正月の予定について。今回は今までで最長の1分間。中級クラスでは、フィードバックが大事だなぁとすごく思っていて。話している最中には間違えても止めないけれど、終わったあとに改善できる点などをその都度伝えていくことが、このレベルの生徒には必要な気がする。この時は、will と be going to の使い方と、here/there、go back/ come backの簡単なレビューをしました。

  • 形容詞(adjectives)と 副詞(adverbs)
    課題で出すライティングを見たり、単語を学んでいるときに、形容詞と副詞のちがいと使い方の理解があいまいだなぁと思い、worksheet を使いながら復習というか確認。
    例を上げてもらう(生徒が既に知っていることを知る)→ 使い方の確認 → 練習 という順番で、形容詞と副詞をそれぞれ、丁寧めにやりました。

  

おまけ 日常の写真 

Women's group でスリランカの人からもらったホワイトカーネーション

https://www.instagram.com/p/BR9rv4SgSMq/

 

他の県に引っ越してしまった元同僚、もーちゃんが電撃訪問!同じく元同僚のソナリーにも連絡して、なんだか懐かしいメンバーで乾杯!

https://www.instagram.com/p/BSAtfUZAP4T/

 

生徒さんの弟の結婚式。同じ職場の生徒さんも何人かいて、お邪魔させてもらいました〜。昼間はお嫁さんのお家でバーシーの儀式&パーティー。そのあと、別の会場に移動して、またパーティー。

https://www.instagram.com/p/BSEjyCWgpVU/

f:id:mikachanko4281196:20170328184027j:plain

https://www.instagram.com/p/BSEj-hTgmhb/

週末は、ビエンチャン国際映画祭を満喫!別記事に詳しく書いています。

ラオス・ビエンチャン国際映画祭(Vientianale International Film Festival )レポート 

https://www.instagram.com/p/BSGPQT7gjd0/

 

ラオス・ビエンチャン国際映画祭(Vientianale International Film Festival )レポート

サバイディー。ラオスからこんにちは。

今回は、ラオスビエンチャンで行われたVientianale International Film Festival のなんちゃってレポートをお届けします。

https://www.instagram.com/p/BSGPQT7gjd0/

ふらっといって見た1作目がすごく面白くて、そのあと週末用事の合間を縫いながら、入り浸りました。

雨がよく降る中での、映画三昧の週末。あーーーーーしあわせでした。

たぶん誰も書かないと思うので、感謝も込めて、書いていきます。

 

 

Vientianale International Film Festival 

今回が7回目の開催となった、Vientianale International Film Festival

Department of Cinema Vientianale というチームが主催で、ビエンチャン市内で3月22日から26日の5日間に渡って開催されました。

午前中の会場の Department of Cinema

f:id:mikachanko4281196:20170326191155j:plain

企業や大使館、インターナショナルスクールなどがスポンサーになり、入場料や観劇料は全部無料という太っ腹な企画なのです。

スポンサー!

f:id:mikachanko4281196:20170326191536j:plain

25カ国から、全40作品が上映されたり、国内向けのショートフィルムの上映・コンテストが行われます。それに加えて、映画関係のセミナー・ワークショップも開催されました。

午前中から昼間は、市内にある Department of Cinema内の小さな試写室で、夜はメコン川沿いにあたらしく出来たショッピングエリアの屋外特設ステージにて上映。

首都で行われているとは思えないくらい、こじんまりとしたイベントです。(もっと宣伝すればいいのに!!!!)

 

ラオスの映画事情

すこしばかりラオスの映画事情を。

ラオスには、あんまり映画の文化がないように思います。映画制作の文化もないし、映画館もない。

映画は、基本的にテレビで見るもの、もしくはyoutubeかマーケットで売ってる海賊版(タイから輸入?)、というのが大半だったのが、少しずつ変わってくのかなぁ。あ、不思議と、スパイダーマンとかアメコミ系はめっちゃよく知ってるな。

ラオスで国内作っている映画は、数えられるくらいしかない。でも、プライベートで映画会社を作る人も出て来たり、日本との協同作品も今年公開されたりと、増えてきているみたいです。

ビエンチャンには、1年前に、中国資本の大型ショッピングモールが出来て、その中にタイ資本の大きな映画館ができました。

それまでは、ちょっとさびれたショッピングモールに、古ーい映画館があったのですが、それも去年に新しくリニューアルされました。なので、今はビエンチャン市内に2つと、南部の街(たしか)パクセーにも、同じくタイ資本の映画館が1つ出来ました。ここでは、割と新作(この週末 The Beauty and Beastも合間に見ました!)もやっています。タイ映画(ホラーとコメディー多し)とハリウッド映画がメインで、いまいち見たい映画がないのが悲しいですが。

映画祭は、世界遺産にもなっているルアンパバーンでも毎年行われています。こちらの方が大きいし、有名です。あとは、今年初めて上記のリニューアルされた映画館で日本映画祭も行われました。

 

立ち上がり始めたラオス映画界/橋本彩 (2015)

https://www.cias.kyoto-u.ac.jp/~yama/film/Images/cineadobo2015_103.pdf

あるアジア映画の始まりーラオスの過去と現在/ソン・オク・スティポヌ(1994-1995)

YIDFF: 刊行物: DocBox: #12

 

 映画祭ラインナップ

そして今回の映画祭の、プログラムを載せておきます。 

Wed, 22 March 

  • Life Animated
  • April and the Extraordinary World
  • Sing Street 
  • Opening Ceremony
  • Redemption 
  • Love Forever

Thur, 23 March

  • Reach for the Sky
  • The Cinema Travelers
  • Interfilm Shorts
  • The Red Turtle
  • Room

Fri, 24 March 

  • Sacred
  • Boy and the World ★
  • The Assassin
  • THe Wandering 
  • Paper Planes 

Sat, 25 March  

  • The Lobster 
  • Diamond Island 
  • Birdshot
  • My Life as a Zucchini
  • Captain Fantastic

Sun, 26 March  

  • Baby (A)lone
  • KUKI Shorts 
  • Vientianale Shorts 
  • Dance Performance: My Journey 
  • Vientianale Awards 2017 

 ★マークが、私が見に行ったものです。この先は、見に行った映画の感想を、つらつらと書いていきます。

 

The boy and the world / 父を探して (ブラジル)

f:id:mikachanko4281196:20170326201747j:plain

「ブラジルのアニメーション」ということしか知らない状態で見に行きました。

絵的に「子ども向けのアニメなのかな?」なんて思って行ったら、まぁびっくりびっくり。めちゃくちゃ面白かったです。この映画みて、今回のフィルムフェスティバルで他の映画も見よう!と思いましたもん。

 

まずは、絵がすごい。手書きとデジタルが組合わさった作品で、動く絵本の中に入り込んだのよう。消しごむのカスっぽいものや、えんぴつがぼやけた所まで見える。

白い紙に、えんぴつや絵の具、でどんどん世界が生まれていく。平面なのに、どこまでも世界が進んでいく。シンプルな線が印象的。主人公もほぼ棒人間だけれど、その動きと世界の動きで感情が伝わってくる。

f:id:mikachanko4281196:20170326200603j:plain

そして、色合いもすごくきれい。稲の色から、空の色。淡い色と極彩色。Visual Treat です、本当。ブラジルの空はこんな色なのかなぁと想像が広がる。

音も、ストーリーに合わせた音楽やパーカッションのリズム、笛の音がちりばめられている。

絵と音が、機械的じゃないというか、「人がつくったものだ!」というのが伝わってきて、なつかしみ、あたたかみ、おかしみ、みたいなものがある。

f:id:mikachanko4281196:20170326200550j:plain

絵、色、音、町並み、綿たちから、ああブラジルってこんな国なのかなぁ、それにしてもこんな映画がつくれるなんて、ブラジルすごい!と、一気にブラジルの株(なんだそりゃ)が上がりました。

 

トーリーは、ざっくり言ってしまうと、出稼ぎにいったお父さんを追いかけて、男の子が郊外にある家を出て色々な世界を見る・・・というものですが、台詞がほぼない(あっても何言っているのか分からないようになってる)映像と音だけで、ストーリーは展開していきます。

父との別れという切なさがずっと根底にありながら、新しいものに出会う喜びやわくわくが、出会う人のふとした優しさが色とリズムに彩られながら描かれていって。

それと同時に、今まで見たことのない巨大な世界の不気味さや、そのパタパタとどんどん動いていく世界にどうしようもなく流されていく、飲み込まれていく人たちの不条理が混ざり合っていく。

f:id:mikachanko4281196:20170326201814j:plain

過去から未来へ(村での暮らしから、単純労働、工業化社会、戦争、デジタル化)と向かって進んでいるのだと思っていたストーリーが、最後の最後にひっくりかえされて、

「あーーーーー!そうだったのか。たしかにそうだわーー」と、驚きと納得が沸いてくるころに、しゅーーーっと終着します。

f:id:mikachanko4281196:20170326200841j:plain

ああ、すごく面白かった。何度もみたい。絵が描きたくなる。

予告編動画。メイキングも見ちゃった。 

 

 

Wandering / ワンダーリング(タイ)

f:id:mikachanko4281196:20170326201709j:plain

こちらは夕方19時から、メコン川沿いにできた新しいショッピングロードに設置された、屋外シアターで放映されました。

ディレクターが来ていてあいさつをしたのですが、ラオス人の司会の人とぐだぐだなMC。ラオス語とタイ語と英語がめちゃくちゃで、お互いに笑っちゃってぜんぜん何言ってるかよくわからん(笑)

直前まで雨が降っていたのもあり、ガラガラ・・・

f:id:mikachanko4281196:20170326145540j:plain

そんな何だか陽気なディレクターでしたが、映画は随分と静かな映画で意外(?)でした。

タイの田舎町。息子を亡くした、そして妻に逃げられた(たぶん)中年の男が、自暴自棄、アルコール中毒になり、ただぶらぶらと町中を歩く(wandering)日々を過ごしている。そんな中、若い僧に出会い、自らも僧になることを決める。

最小限の台詞で、音楽もなく、ただただゆっくりと1つずつ進んでいく。どこかドキュメンタリーのような静かな映画。

f:id:mikachanko4281196:20170326145751j:plain

トーリーにも大きな波があるわけじゃなく、淡々と進んでいく。正直途中で飽きちゃってました。。。

タイの田舎の風景(山中のお寺きれい)が見れたり、僧になるための儀式が丁寧に描かれていたり、日常の托鉢の風景などが見れたのはよかったなぁ。

それにしてもタイの映画は、お寺やお坊さんがテーマの映画がたくさんあるし、他の映画にもよく出てくる。それなしには、タイの日常は描けないのかな。

そしてこんな風に、何もかもが嫌になったときに、お寺っていう身近なセーフティーがあったら、救われる人がたくさんいるんだろうなぁなんて、思いました。

 

今まで映画館で見たタイ映画は、3本。ドロドロの不倫もの、お坊さんもののブラックコメディー、そして今回の映画。

みんなジャンルは違うけれど、タイ映画とは相性が悪いのか、1度も「おもしろかったー!」と思いながら見終えたことがないんだよなぁ。。。

タイ映画、なにかおすすめがあったら教えて欲しいです。

  

The Lobster/ロブスター (ギリシャアイルランド・オランダ・イギリス・フランス)

f:id:mikachanko4281196:20170326202414j:plain

これまた前情報がないまま、ふらっと見に行きました。お客さんは、欧米人多し。

f:id:mikachanko4281196:20170326145414j:plain

ジャンルは、drama, romance, comedy。なるほど、なるほど。

主人公の男性は、妻に捨てられたあと、変なホテルに向かいます。そこでは45日以内に恋人見つけられないと、動物に変えられてしまうというルールがあります。ただその動物は、自分で選ぶことが出来て、主人公はロブスターを選びます。

(映画を見終わったあとに知ったのですが、社会全体でパートナーがいない人たちは、人間として認められないという近未来・・・という設定だったのです。最初は主人公が、自主的にホテルに行ったのかと思ってた。)

f:id:mikachanko4281196:20170326202504j:plain

その他にも、理不尽なルール(左手だけ拘束される、森に行って人を狩ると滞在日数が増える)や滑稽な性教育のプログラムが行われながら、滞在者たちは必死に「共通点」を頼りにパートナーを見つけようとしていきます。

見ているときは「動物に変えられる位なら、なんでさっさと恋人つくらないんだろう?」「なんでそんなに共通点が大事なの?」と思っていたのですが、もちろん程度は違うにせよ、現実でも同じか、とあとから思う。選べなかったり、選り好みしたり、選ばれなかったり。無理したり、ちょっと嘘ついてみたり。

ルールに従わない人があっさりと、消えていく、消されていく中で、主人公はホテルを脱出し、独身者たちが身を隠す森のコミュニティへと入ります。しかし、ここでも理不尽なルールが待っています。また逃げられない。

リーダーは、ただ1人の女なのに、そのコミュニティのルールと管理の中で、怯えながら生きなきゃいけない。「恋愛しちゃだめ」というルールの森で、同じ近視である女性と恋に落ち、またこの森を脱出し、街へと向かっていきます。

f:id:mikachanko4281196:20170326203330p:plain

最後は「意地の悪い」エンディングで、主人公の選択は観客に委ねられます。

見ながら、「あーー死ぬって怖い」「でも生きてくのも怖い」って思いました。ルールや保障がない中サバイバルする、誰も助けてくれない中、1人で生きるってこんなに大変。でも absurd (ばかげた)ルールの中で、ぜんぶを決められて合わせて生きてくのも、無理。死ぬ。私たちは今この間にいるんだなって思った。 

love。恋愛すること。1人を選び合って結婚すること。一緒に生きてくって決めること。社会の1部として。ステータス。義務。はかないかもしれないけれど、頼るしかない。賭けなのか、決意なのか。信頼。盲目。本物・・・?

シュールで、ブラックなジョークがたくさん盛られた映画ですが、あとから色々と考えさせられます。おもしろかった!

予告編 


 

Diamond island /ダイアモンド アイランド (カンボジア

午後は、はじめてのカンボジア映画。

f:id:mikachanko4281196:20170326201926j:plain

映画の中で兄役を演じる俳優さんが会場に来てたのですが、上映前に一言、と言われて、"Nothing to say…"と困ったようにいっていて、

折角来たのにないのかい!準備しないのか!と思わず笑ってしまう。(上映後のQ&Aでは、色々話していたそうです)

フランス系のカンボジア人が監督の、実在するダイアモンド アイランドを題材にした映画。首都プノンペンの東に位置する小さな島が、「ダイアモンド アイランド シティ」という未来都市計画の中で、色々な希望を背負いながら、どんどん開発されている。

主人公は、農村部から、ダイアモンドアイランドの建設現場に出稼ぎにきた少年。

f:id:mikachanko4281196:20170326201948j:plain

肉体労働の辛さ・・・みたいなのは、あんまり描かれていなくて、それよりも夜のネオンの安っぽいけれどどこか高揚するような輝き、どれだけ "cool kids"になれるか競うような仲間とのくだらなくて楽しい日々、あか抜けたミステリアスな兄との再会、女の子とのじれったいそわそわとした出会い、家族への心配と思いやり。

辛さや厳しさももちろんあるんだろうけれど、どこか甘さのようなものの方が強く感じた。

ダイアモンドシティで生まれ育った女の子と、ブランコをこぎながら、"It's developed." と嬉しそうな笑顔で言い合うシーンが印象的だったなぁ。あとバイクでの口説き方のくだりの、観客の共犯的な笑いが楽しかった。

 

田舎から出稼ぎにきて、街で色々なことを知っていく・・・という普遍的なストーリーかもしれない。

シャイで素朴な少年の目線を通して、見るダイアモンドシティとそこで暮らす人たち。言葉(台詞)ではあまり多く語られないし、特に大きな事件があるわけじゃない。

変わりゆく街の、そこでその時間を過ごす人たちの空気感や、気持ち、一瞬を切り取ったような、映像。よいも悪いもなく。

変わりゆくことへの、よりよいくらしへの希望。自由。期待。新しい関係。甘さ。自分じゃ変えられないことの多さ。やるせなさ、不安、あきらめ。1人の人生の、人とのつながりのもろさ。よいも悪いもなく。ダイアモンド アイランド。

 

監督のインタビューから。

「ダイアモンド・アイランド」を見たときに、まず、映画的に面白い風景だと思ったのです。欧風の建築物が立ち並び、ドバイのような雰囲気もある。すべてがにせもののような感じで、ハリウッドの映画スタジオの中に立っているようだったのです。実際に足を運ぶと、若い青年が建築現場で働いていて、夜になると、彼らはおしゃれをしてバイクを乗り回している。彼らの目が、まるで夢を見ているようにキラキラと輝いているんです。彼らは一体、何を見ているのだろうと。彼らの目の中には、欲望や願いが込められており、その源は何かが知りたいと思ったのです。

元タクシー運転手の青年が主演 経済発展著しいカンボジアの若者たちの日常描く「ダイアモンド・アイランド」 

出演している人たちは、ほとんどが監督がダイアモンド・アイランドで声をかけた「キラキラとした目をもった」素人だそう。主人公の少年も、ダイアモンド・アイランドで働くタクシードライバーの青年。ほーーーすごい。

 

不自然に豪華な近代建物。建設中の大型ショッピングモール。どこかラオス・特にビエンチャンにどこか面影を重ねながら、見ていました。

f:id:mikachanko4281196:20170326202108j:plain

でも、ラオス人でこういう肉体労働している人ってあんまりいない、というか出会ったことがない気がする。こういう仕事は、ラオス人から低く?見られているというか、自分たちの家は自分たちで建てるけど、大型のショッピングモールやホテルの建設は、中国人やベトナム人ががっつり入ってやってるイメージ。どうなんでしょう。

 

 ビバ映画祭!

思えば、映画祭にいくのってこれが初めてでした。(あまり映画祭!って感じはしないけれど・・・)もっと早く行って、もっともっと見たかったなぁ。

色んな国の映画を、見るのって新鮮。もっと色んな国の映画を見てみたい。

普段は自分が選んでは見ないような映画をみてみる、なんの前情報もないなか、見に行ってその世界に浸ること。

このランダムな出会いが面白かったー!この映画祭がなければ、どれも見なかったものばかり。当たり前だけれど、映画祭のために選ばれた映画はみんな、基本的にクオリティーが高くて、おもしろいものなのだなぁ。

無料で、こじんまりと、おもしろい映画に出会える ビエンチャン国際映画祭でした。

なくなってしまわないように、ビエンチャンにいる際は是非、いってみてください!

 

【Future Learn ESL Week 3】英語における、コミュニケーションスキルってなんだろう?

サバイディー!ラオスからこんにちは。
さて、授業の方もやった内容を記録していますが、今受講しているオンラインのESLコースの方も学んだ内容を記録していきます。リスニングに使えるサイトも紹介しています^^

f:id:mikachanko4281196:20170305195009p:plain

(Page from Exploring the World of English Language Teaching - Cambridge English Language Assessment)

 

英語におけるコミュニケーションスキルって何だろう?

英語に限らず外国語を勉強するということは、その言語を使ってコミュニケーションを可能にするために必要なことを学び、練習しているんですよね。

じゃあそのコミュニケーションを可能にするために必要なスキルってなんなんでしょう?

私たちは、毎日言葉をつかって、何をしているでしょうか?

 

俗にいわれる英語における4スキルは、大きくわけて、

  • Listening
  • Reading 
  • Writing 
  • Reading

があります。

 

このコースでは、その中でも、

Listening と Reading を "Receptive skills (受信するスキル)"、

Writing と Speakingを ”Productive skills (生み出すスキル)" と分けて見ていきます。

 

そしてそれらのスキルを、実際のコミュニケーションに繋がるように purposeful activity を通して学ぶ方法を学びます。

 

Receptive skills

"What do we do when we listen and read?"

さて、私たちが日常で読むとき、聞くときって何をしてるんでしょう?

私たちは母国語でだって、いつも100%理解しているわけではなくて、目的に合わせて違った読み方、聞き方をしているんですよね。

母国語ではそれが自然にできるけれど、外国語のときはそのことを意識して、それぞれの目的に合わせたスキルを練習する必要がある。

例えば、Reading には Skimming (ざっと概要をつかむ)や、Scamming (必要な情報をピックアップする)など、ただ「読みましょう」というのではなくて、その Reading を通して何をして欲しいのか。

その先にあるものをはっきりとさせて指示を出すことで、生徒も集中して、受け身ではなく主体的にタスクに取り組むことができます。

 

そしていくつか、音楽を使って英語を学べるサイトが紹介されていました。

1. Learn Languages with Music Videos, Lyrics and Karaoke!

人気曲の歌詞の穴埋めタイピングゲームのようになっているサイト。レベルごとに単語数を選べます。ちゃんとその場所に簡単に戻れるし、止まってくれるからとてもやりやすい!これは私もやろうっと。

 

2. Music @ ESOL UK

難易度から、学習につかえる英語の曲が選べるサイト。

 

3. ESOLcourses.com (http://www.esolcourses.com/topics/easy-song-quizzes.html)

シンプルな音楽とその曲に関するクイズまとめ。オンラインでクイズが受けられます。

 

authentic materials (実際に使われている英語)も上手く取り入れながら、Reading と Listening を行っていきたいです。

 

Productive skills 

Reading や Listening といった Receptive skillよりも難しいといわれているのが、Speaking や Writing といった Productive skills。自分から発信しなきゃいけないですもんね。

コースの中では、実際に英語を学んでいる様々な国の学生が、なぜ Speaking や Writing が難しいのか話しているビデオを見ました。(What are your challenges?) 

それを見た受講生のコメントでも、"confidence(自信)"が鍵である、というコメントが多くて、結構意外でした。

まずは、とにもかくにも Speak up することを encourage すること。そしてその場よりも後から、ポジティブな形でフィードバックすること。

その他にもアクティビティの例として、自分の Speaking を録音してみること、What's upなどのグループでボイスメッセージを使うこと、ロールプレイをするなどがあげられていました。

また具体的なアイディアは、来週やるそうです!

 

これまでのコースの内容

 コースの概要とWeek 1

 Week 2


 

 

 

 

【Week3 授業振り返り】写真を使おう!& 5行エッセイでライティングを。

サバイディー!ラオスからこんにちは。

日本では、別れの季節の3月ですね。こちらにいると、季節感がすっかりわからなくなります。あと、この間書類を書いていて、今が平成何年か分からず焦りました。。。

さてさて、コースの3週目が終わりました〜〜〜。今回もきちんと記録していきます。

最近休み時間に宝くじめっちゃ売っていて、ほぼ皆買ってるw 写真は売り手の女の子が宣伝してる所。

https://www.instagram.com/p/BRKkuPyAxuV/

 

2月27日(月)

Elementary 

  •  ボキャブラリー
    まずは先週一週間分の復習から!ハングマンというゲームを用いて、先週1週間で学んだ単語を復習していきます。簡単すぎたかしら・・・あっさり当てられてしまいました。それだけ学んだということです。ディクテーションも少し多めにやります。そのあとは新しい語彙に。今週から名詞を学んでいきます。

  • 発音
    発音は、先週できなかった "e"の発音を。ae との違いも一緒にみていきます。

  • 教科書
    最後は、教科書の宿題チェック。形容詞の使い方を学びます。ラオス語では、コン(人)+ガーム(きれい)=きれいな人、アハーン(ごはん)+セープ(おいしい)=おいしいごはん、のように、名詞と形容詞の順番が反対なんですよね。知っているけれど、喋っているうちにごちゃごちゃになって、「むむむ?結局どっちだっけ?」となっている姿をよく見ます(笑)

Pre-intermediate 

  • ボキャブラリー(スペリングゲーム)
    夕方はアルファベットカードを使って、グループ対抗スペリングゲーム。私が言った単語(先週学んだもの)をカードを使ってスペリングしていきます。出来たグループからチェックを受けて、合っていたらキャンディーゲット!
    最初は2つか3つ単語の単語、次は過去形でつくる、最後は文章でやりました。

  • 発音(前回のチェック)
    先週の宿題としていた、tongue twister(早口言葉) を何人かに読んでもらい確認。Move your mouth, speak up, speak slowly の3つが発音練習の時に肝ですね。
     
  • テキスト(理解)
    テキストを全体で、読んでいきます。テーマは Personality。生まれ年や血液型が性格に関係しているかどうか、それらのセオリーと社会の関係といった内容のものです。1行ずつ読んでもらう。発音が間違っていた単語をホワイトボードに書き写し、 読み終わったあとに確認。最初の2−3つは音読の際の音に注目。そのあとは、もっと理解ベースにしていく。
    理解は 10 - 30% くらいとひ、ひくい。やっぱり難しかったかな・・・と今更ながらちょっと焦る。もう1度黙読してもらい、理解度の Truth or Falst の項目を確認。 TF問題は、ほぼ満場一致で合ってたので一安心。

 

2月28日(火)

Elementary 

  • Round Robin 
    Elementary クラスではじめて、Round Robin を導入。テーマは、"Someone you love" ということで、家族や恋人などについて 30秒話してもらう。思ったよりも、話しはじめるまでに「えーっと・・・」などと時間がかかってしまって、やっと1文・2文言えたところで、あっという間に30秒は過ぎてしまう。そして質問したり、答えたりしている人も、自分から発言することはやっぱり慣れてないのかなという印象。特に Elementary では、「とにかく話してみること」の練習ということで、習った表現を使えるトピックを使って、長めの時間でやってみよう。

  • 発音
    この日は、「ワードストレス」の紹介・練習。英単語の中に、音節が2つ以上あるときは、必ずどこかにストレスがあるということ。そこを強く、長く、すこし高い音で発音することで、英語のリズムができることを説明。
    輪ゴムを使いながら(ストレスのところで、皆でびよーん、とする。笑)、実際に単語を聞いてみて、びよーんとしてストレスを感じてもらって、読む練習。guitar はストレス後ろなんですよねー!ラオス語で言う「ギター」は前にくるから、ややこしい。(笑)次回以降新しい単語を覚えるときにも、意識を向けてもらえるように。

  • ボキャブラリー
    昨日に引き続き、ボキャブラリー。

  • テキスト
    昨日、形容詞(adjective)を学んだとき、「形容詞ってなんだ?」「”ラオス” ”人”って名詞?形容詞?」となっている人がいたので、名詞と形容詞についてあらためて確認。教室内の人やものをラオス語って練習してみる。ラオス語って形容詞とか副詞とか結構関係なく使えるから、こういう用語とかあまりなじみがないのかも??

Pre-intermediate 

  •  Round Robin: my personality
    前の日に、「明日は 自分のパーソナリティーについて Round Robinやるから考えておいてねー」と告知してやってみたこの日。少し時間を伸ばして、1人45秒で自分の性格についての Round Robin。使われたパーソナリティーを表す言葉を書き出していく。outgoing / shy / friendly / sociable などの言葉を使う人が多かった。自分のパーソナリティーや強み弱みを言えるのって、奨学金のエッセイとかインタビューで大事なんですよね。「なぜそうなのか?」「具体的には?」が加えられるともっと説得力が増すよね、と伝える。

  • テキスト(personality vocab) 
    Round Robinにつなげて、テキスト内の血液型別のパーソナリティ(強み弱み)の短いリーディングと単語の問題(反義語をみつける)を行う。結構苦戦している人多し。

  • 発音(ワードストレス)
    午後クラスと同じくワードストレスの紹介。Pre-intermediateでは、音節 (syllables) の説明&クイズもしたのですが、ひょうしぬけする位すっきりと理解してくれてちょっとびっくり。やっぱり音には敏感なのかな。不思議だ。

 

3月1日(水)

Elementary 

  • ボキャブラリー
    2日分のディクテーションから。「ディクテーション」というと、なにも言わなくてもノートを出してくれるようになってきています。

  • be verb work sheet
    今更ながら、やっぱり基礎からやらないとまずいかも!と思いはじめる。この記事でも紹介した Grammar in Use という参考書のラオス語版(たぶんコピー)を先日発見したのです!それを使って、説明→練習問題。主語が変わっちゃうと、こんがらがっちゃう。複数形の見極め方も確認。あー、英語のルールって本当たくさんあるんだな。そして積み重ねやーこりゃー1から学ぶのには時間かかるよなぁー。

  • テキスト
    異文化で暮らすことのトピックで。It is (adj) -の形の練習。やっぱり難しいかな、教科書・・・。 急に不安になりはじめる。

Pre-intermediate 

  •  グループで写真描写
    新しいスピーキングアクティビティとして、グループ写真描写をはじめました。いつもお世話になっている DMM英会話の教材を使用します。4人〜5人のグループになってもらい、写真(今回は感情と人がテーマ)と使えそうな単語リストを各グループに配布します。そのあと7分グループでどうその写真を説明するか考えてもらい、そのあとに代表1人が1分半かけてその写真を説明する、ということをしました。

  • 単語
    ディクテーションからの、新単語。名詞は、動詞よりもずっと説明が楽な気がします。

  • テキスト:理解
    昨日の続き。もう1度5分かけてテキストを黙読してもらい、細かい理解の確認と、表現を学んでいきます。途中当てずっぽになるときもあったけれど(笑)何度か読むことで、大分テキストが”やわらかく”なってきたかな。。。

 

3月2日(木)

Elementary 

  • 写真
    昨日のPre-intermediateの写真アクティビティが割と上手くいったので、こちらのクラスにも写真と取り入れてみる。手元にあった雑誌から、使えそうなページを何枚か選び準備。全体で、その写真を be 動詞を使って説明してみよう、ということをReview がてらやりました。

  • 文法
    昨日につづき、be動詞の説明→問題文を解いていきます。be動詞と一般動詞の違い、説明するのって難しい。自分自身はどうやって勉強したっけ。。。今回で完全に分からなくても、焦らず焦らず。
     
  • ボキャブラリー
    週最後の日なので、16語一気にいきます〜。来週はレビューだ!

  • (クラスルームミーティング)
    授業が終わったあとに、「ミーティングしたい」とクラス代表から言われ、30分ほどお話。生徒の最終人数と集金、What's upグループ登録の確認、クラスTシャツのデザイン(みんなおそろいTシャツつくるのすき!)来週女性の日(3月8日)の振替で金曜日1時間授業をして、そのあとパーティーをすることなどを決めました。ここまでしっかりクラスをまとめてくれる代表がいるクラスははじめて!本当にありがたいです!

Pre-intermediate 

  • 写真
    この日は別のアクティビティをやろうと思っていたのですが、事務所が閉められちゃって(鍵も事務所の中。泣)、Elementary でやった be verb の説明使った写真をやりました。単語リストの中にあった seem の使い方も確認。

  • 単語
    16単語〜〜〜〜〜。ワードストレスも輪ゴムつかってチェックしながら、やっていきます。

ライティング (4S と 5 sentenses essay) 
後半の1時間をつかって、ライティングの導入です。ラオス人の英語の4スキルの中で1番低いのはライティングだと思うんです。すごくよく話せる人も、書いてみたら文法がめちゃくちゃったり。エッセイとかを添削すると、もうどこから直したらいいんだろう。。。と途方にくれます、本当。(エッセイに関しては、多分 google 翻訳をつかっていたり、色んな文章をくっつけていることがあるんだと思います。)
先週書いてもらったゴールシートでも、多くの人がライティングを1番苦手だと書いていました。

この日はウォーミングアップということで、"My favorite month"というトピックでまず5分書いてもらいました。
そのあと、ライティングで大事な4S (勝手につくったw)を紹介。

  1. Simple
    まずはシンプルに短い文章から始めよう。そしてちゃんとフルストップを使って1つの文章を終わらせること。
  2. Special
    みんなと同じではなく、なにかスペシャルなこと、ユニークなことを書いてみよう。
  3. Specific
    何かを説明するときは例を、何かを説得したいときは理由を一緒に伝えて、もっと具体的に書こう。
  4. Structure
    文章の型を意識しよう。

 

そのあと、こちらの本で紹介されていた5行エッセイ(5 sentenses essay)ということで、

  1. メインアイディア
  2. 理由1
  3. 理由2
  4. 理由3
  5. メインアイディア(もう一度)

 

という5行を使って書く練習をすることを提案。

例えばさっきの "My favorite month"もこの型を使って、

  1. My favorite month is December. 
  2. First, I was born in this month. 
  3. Second, I enjoy Christmas day. 
  4. Third, I like countdown event. 
  5. So I like December. 


のようにシンプルな文章を、シンプルな型に沿って書けばいいんだ!ということを皆で実験。これにどんどんディテールを加えていけば、立派なエッセイになるのです。実際にこの型をつかって、同じトピックでもう1度書いてもらいました。

このアクティビティは、手応えがあったみたいで、反応がよかったなぁ。週末の課題として、2つトピックを提示して、それについて 5センテンスずつ書くように伝えます。この 5 sentenses essayを、週末の定番ホームワークとして、継続していたいと思っています。

 

まとめ

何点か気付いたことをメモ。

  • やっぱり写真を使うのはいい!普段自分の身の回りのことを話していると、使う言葉や表現が同じものばかりになってしまいがち。自分と違うシチュエーションや人のことを話すきっかけを、クラスに取り入れるのは大事だ。

  • 考える時間を取ること。Round Robin のような即興で話す練習も大事だけれど、ものによっては考えてから話すことで、いい speakingに繋がる。写真の描写のときも、時間を制限することでグループで調べたり「これ何て言うんだろう」って協力しながら準備していたなー。代表の人が発表するときも、自発的にチームメートが拍手してたり、「そこはそうじゃない!」なんてつっこみいれていた。w

  • グループワークは、やっぱり今回のコースでも盛り上がる!講義形式の机形式になったのもあるし、もっと取り入れていこう。

  • 同じアクティビティを何度か行うことで、クラス内の「共通言語」が出来て来て、指示出しや活動がスムーズになる。定番のアクティビティと新しいものの上手なバランスが必要。

  • 前回のコースと比べて、ずっと出席率がいい!ルール設定が効いているのかな。「15分以降は欠席です」ルールもあり、遅れてくる人も数名いるけれど、教室を開けたときに「Hello~」と迎えてくれるのがうれしい。(前回は、「生徒いるかな・・・」ってドア開ける度にいつもドキドキしてた)そして結構みんな早めに来ている。普段準備でバタバタしていて、ほぼ時間ぴったりに教室にいっているけれど、来週はもう少し早めに教室にいけるようにしよう。

  • Elementary では今回は割り切って、ラオス語も使える所では、どんどん使うようにしている。それにしても文法の説明が難しい・・・。be 動詞と一般動詞の区別をつけること。そして「理解してないかも?」と思うと、焦って説明を重ねて、生徒はもっと混乱してしまう。説明はもっともっとシンプルに。例文や練習で繰り替えしていく。指示を出すときもそうだし、もっとシンプルに話すようにしよう。

  • あと、金曜日の TESOLクラスは早速キャンセル(笑)(泣)まぁ、活動先の昇格試験だから今回は理解はでき、る。うん。来週!

  • いつも写真を撮るのを忘れてしまうw 来週は実際のアクティビティ中の写真、もっと撮ろう。

 

 

おまけ -今週の風景- 

タートルアン近くに出来た新しい祠?のようなもの。

https://www.instagram.com/p/BQ-PnprgREi/

  

ビエンチャン市内から車で15分ほどの郊外に、薬物中毒などの患者が住んでいるソムサガリハビリセンターがあります。センターのことを昨年末に知り、スケジュールなどが中々合わなかったのですが、今週の月曜の午前に初めて行くことが出来ました。3年前から途中途切れながらも何度も足を運んでいる日本人女性と、オーストラリア人女性と韓国人女性の4人で訪れました。センターには、約60人の女性が囲いに囲まれた敷地内にある建物に住んでいました。この日は、オーストラリア人女性が用意した雑誌のコラージュのアクティビティをしました。一緒に行った人も、センターの女性もパワフルだなっていう印象。施設内を見せてもらったり、センターの女性たちと話したり(10回戻って来ている人も)しました。来週から定期的に行って、もうちょっとよく知りたい。

写真を取り忘れた、終了後の様子。笑 このあと掃除担当の人が片付けてくれてました。

f:id:mikachanko4281196:20170305144714j:plain

 

去年から参加している火曜日のアートセラピーグループの一幕。直感っておもしろい!  

https://www.instagram.com/p/BRGO05EA4SM/ 

https://www.instagram.com/p/BRGO_n8A4hv/

 

先週から Pre-intermediateの生徒さんと、中国の大学院進学の奨学金のエッセイを添削していました。それが無事終了してあとは提出のみ!お礼にということで、I LOVE LAOS シャツをもらいました。

https://www.instagram.com/p/BRKj6BLgB6I/

 

週末にパーマをかけました。ダットポン。メコン側沿いのお店で、こちらに来てからカット・カラーもそのお店でやってもらったのですが、いつも goodです。今回も「パーマ久しぶりだわーいつぶりだろう」「ラオスではプータオ(年寄り)しかかけないからなぁ」なんて言われてちょっと不安でしたが、ちゃんとパーマだ!

https://www.instagram.com/p/BRPTz77AR08/

 

 


パーマ効果なのか、カフェでガーナの人(英語の先生!)から話しかけられてお喋り。アフリカにも、singlish (シンガポールの英語)や calibian English みたいに、アフリカの "broken English"があるんだー!と。確かに友達と話しているのを聞くと、英語みたいだけれど、ぜんぜんわからない!その言葉が分かると、互いに仲間だーとなるらしい。"Afa!"が How are you? "Where dey?(ウェーアディー?)"が Where areyou? おもしろいー!そして生まれた曜日で名前を決めることが多いらしく、水曜日生まれの私は Akor(アクース)だとガーナネームをもらいました。ガーナは今週月曜日が独立 60周年。   
f:id:mikachanko4281196:20170305143147j:plain

 

月1度のお茶のお稽古。ひな祭りに合わせて、こんなにかわいらしいお菓子を作ってきてくださいました。すごい。自分のアイディアで、ラオスで手に入るものでこんなに作れるなんて・・・!めちゃくちゃテンションあがりました。

https://www.instagram.com/p/BRPUBe0g9jJ/

 

【授業メモ Week 2】発音とボキャブラリープロジェクト開始&ゴールシート作成!

サバイディー!ラオスからこんにちは。

12月後半から、少し涼しい時期が続いていたのですが、めちゃくちゃ暑い、魔の4月に向けてじわじわと暑くなって来ているのを感じる今日この頃です。虫も大量発生中・・・。

さて、2週目の授業を振り返って記録していきたいと思います。

https://www.instagram.com/p/BQ3DRhMAh4g/

A day in Vientiane.

 

2月20日(月)

PM: Elementary 

ラオスで毎日使われる、「キンカオレーオボー(ご飯食べた)?」「キンカップニャン(何食べた?)」という挨拶を英語で何て言う?という質問からスタート。

そのあとは、発音に入ります。

f:id:mikachanko4281196:20170227144146j:plain

”フォネティック博士”というHPで公開されている資料をカラーコピーして配布。最初の一ヶ月で一通りのフォネティックの読み方を紹介&練習していく予定です。初日の今日は、/ʌ/ /æ/ /ɒ/の3つの音を練習しました。

英語の発音と発音記号の一覧表

 

そして今週からは、単語プロジェクトもスタートです。

 単語・発音・活用・意味(ラオス語と英語)・例文入り。1週間で40語、13週分あります。

f:id:mikachanko4281196:20170227144521j:plain

キクタン 2000入門に載っている単語をもとに、単語帳をエクセルで作ったものを配布。1日8単語ずつ覚えていきます。

まずは、チャンツ(音楽に合わせて単語が読まれるもの)を2回聞いて、発音を確認。続いてフラッシュカードを使いながら、読む練習をします。

そのあと、意味の確認をしていきます。

最後は、先週の宿題の Writing ruleのワークシートの確認。(大文字とピリオド)見てまわっている間に、ホワイトボードに答えを書いてもらいます。

そして再度ルールを確認しながら、答え合わせをして終了です。

Eve: Pre-intermediate

週のはじめは、Roundo Robin (Week1参照)からスタート!「先週末にやったこと」というお題で、クラス全員1人30秒ずつ順番に話していきます。この間、使われた単語をホワイトボードに書きだしておきます。

そのあと、過去形をばっちり使えていた生徒を何人か伝えて、過去のことを話すときは、過去形を使うことを確認。(分かっていても、話すとき忘れがちなんだよね〜〜)ボードに書いておいた単語の過去形をチェックします。

そして、夕方のクラスでも 発音→単語の1日目の分に取りかかります。午後の初級クラスでは、意味はラオス語で見ていきますが、夕方の中級は英語での意味の説明を読んでもらうようにしています。

最後は、先週から取り組んでいるゴールシート作成の最終日です。Necessarry actions (ゴールを達成するためにやるべきこと)を記入してもらったあと、ビジュアル化するために、持参した写真もしくは用意した雑誌の中から、自分のゴールに繋がっている写真を切り取ってシートに貼ってもらいました。明日は、プレゼン!

この日は私の誕生日だったのですが、休憩中に、ケーキを持って来てくれました・・・!

https://www.instagram.com/p/BQ0O-ofgt1J/

 

2月21日(火)

PM: Elementary 

クラスのテーブルを向き合ってグループ式にしていたのですが、「ホワイトボードが見づらい」ということで、この日から対面式に変更に。

今までずっとグループでやっていたので、生徒さんがみんなこっち見ているのが不思議な感じです。attention はずっと集めやすくなったけど。

そして残念なことに、1人生徒さんが「僕は 100%の職員じゃなくて、95%の職員だから、上司から許可が降りなくて、コースに来れなくなった」との連絡が。正規でなく、非正規の職員らしい。うーーーーん、なんで1週間すぎてダメになるのだーー残念。

さて、声出しがてら発音からスタート。昨日の3つの音を確認した後、i i; の2つの音を練習していきます。 ; のマークがあったら、長い音であることチェック。

そのあとは、単語。新しい単語を学ぶ前に、ノートを出してもらってディクテーションをしました。昨日学んだ単語を私が読んで、それを聞いてノートに書き取るということをします。これを習慣にすることで、スペリングを覚えようと意識すること、実際に繰り返し練習すること、音と文字をリンクさせることの3つが出来れば・・・!

終わったあとに、いくつ合ってたー?どれ間違えたー?と聞きます。この時に間違いが多かった単語は、明日以降もディクテーションの時に繰り返しいれます。

このあとようやく教科書に入ります。今回のメインテキストとして使うのは、Essential Reading のレベル1。約200円でカラーコピーのものが市場で手に入るのもあり、今回はこの教科書を使うことにしました。

f:id:mikachanko4281196:20170227144058j:plain

Chapeter1 のトピックは New lives。まずは導入として「海外に行ったことがある人ー?」と尋ねます。1/3くらいが行ったことある、との答え。タイ(東北地方。バスで1時間ちょっとで行ける)は海外には入りますか?と。(笑)そのあと、どこに行ったの?何をしたの?等と聞いていきます。

そして、教科書のReading はアメリカに滞在する日本人の話であることを伝え、1パラグラフずつ一緒に読んでいきます。

注意すべき発音の単語をピックアップして、そのあとパラグラフごとに対応している質問を選ぶ comprehension の問題を解いて、この日は終了です。

 

Eve: Pre-intermediate

夕方も、発音と単語からスタート。

そのあとは、前日まで作っていたゴールシートの発表を1人1人してもらいます。事前に、説明するためのモデル文を渡していたので、それに沿ってプレゼンしてもいいし、自分の好きな構造でいってもOK。また、自分が選んだ写真についても説明してもらいます。

ゴールシートの発表風景。

f:id:mikachanko4281196:20170225160146j:plain

発表順は、"Who was born in April?"などとランダムに誕生月を言っていって、その月に生まれた人から順にプレゼンしてもらいました。(もし2人以上のときは、"When is your birthday?"と聞いて、早く生まれた人から。)

いやー改めて夕方のクラスの人たちは、個性がすごくあるし、ambitious な人が多い

声のボリュームとスピード・ジェスチャー・アイコンタクトなど、プレゼンのあとにその生徒のプレゼンの良かった点を皆の前でフィードバック。このフィードバックが、生徒同士で出来るようになったら good。全員分は終わらなかったので、明日へと続きます。

 

2月22日(水)

PM: Elementary 

この日は、"Who is he/she...?"というアクティビティからはじめました。配った色紙に、自分の名前は書かずに、自分のことを書いていきます。

モデル文(項目)はホワイトボードに書きます。

f:id:mikachanko4281196:20170225160158j:plain

この際に、先日学んだ大文字の使い方やピリオドもチェックします。書き終わったら回収して、生徒にランダムに一枚選んでもらって読み上げてもらいます。その時、男性(Mr.)だったら He... 女性(Ms.)だったらShe... を使って読むように説明します。

そして他の生徒は、読み上げているのを聞いて、誰なのかを当てます。("Who is she?" "Who is he?") 意外なことに、みんな自己紹介のときにいってた住所で人の顔を覚えているらしい。w

ライティング、スピーキング、リスニングが1度に出来るし、クラスメートのことを知れるので、コースの最初の方にやるアクティビティです。書く内容を変えたら、中級以上でも使えます。

そのあとは、発音 (u u;)、新規単語8つ。前日習った単語のディクテーションをやると分かっていたから、練習してきた生徒さんもいて、昨日よりも正当数上がってました。 good good。

そして textbook。昨日の reading の内容をおさらいして、その中で出て来た海外生活に関する質問を、ベトナムに7年間留学した経験のあるおじさまにみんなで尋ねます。"How do you say.....?"と確かめたりヘルプを入れながら、答えてもらいました。

 

Eve: Pre-intermediate

昨日のプレゼンから、Can や Will のあとに to verb や -ing をつけている人が結構多かったので、そのことをまずチェーック。3ヶ月じゃ全部の文法はカバー出来ないので、気になったことを、少しずつその度に確認していくこと。

そのあとは、発音と単語セット。確実に、着実に。

そして後半は、ゴールシート発表の続き。これで一通りみんな発表が終わりました。「なんで英語を勉強したいのか?」最初に言葉にしてみること、やっぱり大事だなぁと思う。週末にかけて、私の方でシートを読ませてもらって、コメントして返却したあと、教室の壁に写真と一緒に貼っていきます。

最後に、 ようやく教科書に入りました。悩んだあと、中級クラスでは Essential Readingのレベル3を使うことに決めました。Chapter 1は、Personality がテーマ。

教科書の導入として十二支 (Chinese Zodiac) の写真をみせて、「これ何だか知ってる?」と尋ねます。

実は、いくつか動物が違うけれど、ラオスにも似たようなシステムが使われているですよね。違う動物の名前を上げてもらったり、どの年に生まれたか聞きます。

中国では、どの年に生まれたかによって、Personalityが決まっていると信じている人がいるけど、ラオスではどう?と。

もう1つ、血液型についても聞いてみます。前回のコースの時も聞いたことがあるけれど、ラオスはA型が少なくて、B型・O型が多い気がする!そして、25人中3人もAB型がいる!

リーディングの中の太文字単語を調べて、Pre-redadingの問題を解いてくることと、自分の性格を表す言葉を 5つ挙げることを宿題として終了。

 

2月23日 (木)

PM: Elementary 

ウォーミングアップがてら・・・と思い、音楽を使ったアクティビティから授業開始。(ラオスの人音楽好きな人多いし、時間があればもっとたくさん紹介したい〜〜)

今回使ったのは、Eric Clapton の Wonderful tonight

Eric Clapton 誰も知らなかったな〜〜〜〜。

意外と動詞の現在形が使われている音楽がない中、日常を表すシンプルな表現を現在形で歌っているこの歌は、初級クラスにぴったり

こちらのワークシートを組み合わせて、最初にいくつか単語を確認して、穴埋めリスニング、そのあと対義語をチェックする、ということをしました。

前回のコースでも思ったのですが、ラオス人のリスニング(特に音楽のときの言葉をピックアップする力)高い気がする。

最初の30分くらいで終わらせる予定が、ダウンロードしたつもりが出来てなくて、wifi 借りたりしたのもあり、ごたごたして前半をほぼ使ってしまった。。。

そのあとは、単語。ディクテーションのあと、今日は最終日なので 16語いきます。(1週間で、5日、40単語覚えるという形で単語集を作ったため)

決まった形を続けることで、活動がスムーズになる反面、飽きてしまうということもあるので、上手くバランス取りたい。

 

Eve: Pre-intermediate

午後のクラスで使った wonderful tonight を紹介。"What is your favorite song?"と、生徒にお気に入りの英語の歌を聞いてみる。

私の知ってる曲と、みんなが知っている曲がいまいちかぶらない(笑)The Beatles を誰も知らない!でも、Michael JacksonCarpentersはみんな知ってる。なぜじゃ。

メモメモ。みんなの好きな曲を、いい感じに授業に取り入れられたら!

f:id:mikachanko4281196:20170226133531j:plain

そしてそのあとは、発音。e の音と、今週学んだ音を復習。それぞれの音が入ったtongue twister の紙を配布し、練習。週末に、また練習してきてもらいます。

f:id:mikachanko4281196:20170227144701j:plain

そのあとは、単語。この日から、中級のディクテーションは単語単位ではなく、フレーズ単位で行うことに。(ex. climb → climb a mountain) すこーしずつ、負荷かけていく。

最後に教科書、personalityについてです。昨日の宿題の確認(単語意味チェック)。theoryとかpsychologyとかstereotype とか知らない人が中級でも多い。日本だと、随分多くの言葉が外来語として入ってきて、日常で使われてるんだなぁと思ったり。

教科書に、「中国のある会社が、誠実で仕事が速いと考えられている戌年生まれの人だけを雇うことに決めた」という内容の短い文章を読んで、性格と生まれ年の link についてどう思うかについて、ミニディスカッションして終了!

 

まとめ

やっぱり授業がはじまると、1週間があっという間に過ぎていきます〜。

よかった点としては、

  • クラスの雰囲気が少しずつ、つかめてきた。生徒さんの名前(あだ名だけど)全員覚えたぞ!
  • 出席率、まぁまぁよしよし。午前中は、今のところ20人中18-20人とほぼ欠席者なしで、休むときも皆連絡をくれている。クラス代表がめっちゃ動いてくれていて、個別の名簿や What's upのグループを作ってくれたり、4人の代表が授業担当・お金担当・アクティビティ担当と、役割分担して機能している!すごい!
  • 中級クラスのゴールシートを通して、生徒1人1人のゴールを知ることが出来た。+発表の場も持てた。学習モチベーションを保つためにも、上手くこのゴールシートと繋げながら、授業・コース作っていきたい。
  • ずっと気になっていて準備していた、英語の基礎力である、そしてラオス人の多くが苦手としている単語と発音に今週から取り組みはじめられた。生徒のも、まずまず。やっぱり必要だということは、感じている様子。

 

反省点/改善点としては、

  • 1番はタイム・マネジメント。未だに計画したよりも、いつも時間がかかってしまって、予定していたものが終わらない or クラスの終了時間が伸びてしまう。。決まった数の単語や発音をやることを決めているので、教科書が後回しになりがち。やりたいことがありすぎる。優先順位きめること!
  • 一緒にクラスに入るといっていたカウンターパートが、先週から体調を崩していて、結局1度もクラスに入れていない・・・仕方ないのは仕方ないけれど、ここで機嫌悪くなったり、「もういいよー」って言ってあやむやにしてしまわないように。

 

そしてこの週から、(やーーーーーっと!)活動先の労働組合のスタッフを対象にした なんちゃってTESOL (英語教授法)のクラスも始まりました。こちらは、私が帰国した後や労働組合が持つ学校で英語を将来的に教えたい/教えられそうなスタッフ7人を対象に、毎週金曜日の午前中2時間、全12回行う予定です。

 

 

おまけ  ~今週の風景~

午後クラスの生徒さんから頂いた、シン(ラオスカート)の布!わーい!仕立て屋さんにいって、縫ってもらいます。

https://www.instagram.com/p/BQ0OiQdgMEU/

 

事務所のスタッフたちにも、お祝いしてもらいました withお祝い帽子。

https://www.instagram.com/p/BQ0O0a5gEGd/

ケーキ、どれもおいしかった〜〜〜<3

https://www.instagram.com/p/BQ12J2qAEfs/

オフィスでの誕生日ランチ。

https://www.instagram.com/p/BQ43bdWgJTI/

先週から、”インターンシップ”ということで大学生が1週間ずつ職場に来ています。しかし、職員が来なかったり、ほとんど仕事がなくてぼーっとしていることが多い・・・。「何かあったら手伝いますー」との言葉に甘えて、授業準備(フラッシュカードづくり、単語集)めっちゃ手伝ってもらった。(そしてめっちゃ可愛い!)私が大学生だったら、「せっかくインターンシップ来てるのに!」って怒りそうだなぁ。ほぼ文句言わず、ずっとニコニコと楽しそうにしてて偉いなーとも思うし、まぁいっかって諦めているのかなーとも思う。

セルフィー全く上手くならないーちくしょー。

f:id:mikachanko4281196:20170225211416j:plain

 

"Friday is small Saturday."という格言(?)のあるラオス。金曜日の昼間から、みんなでごはん。

https://www.instagram.com/p/BQ44J_jg-10/

パパイヤサラダと、焼きアヒルと、七面鳥のラープ。(そしてビール)すっごいおいしかった。https://www.instagram.com/p/BQ43te4gCN7/

 

【Future Learn ESL Week2】 生徒のモチベーションとクラスマネージメントについて。

サバイディー、ラオスからこんにちは!

先週、Future Learn という無料オンラインコースの紹介をしました。

今週は、コースの2週目! 自分の勉強メモがてら、学んだことを書いていきます。

 

生徒のモチベーションとクラスルームマネージメント

今週のトピックは、

"How can teachers motivate and manage learners? " 先生は、どうやって学習者のモチベーションを高め、教室をマネージメントすることができるか。 

大項目としては、

  1. Motivating learners
  2. Every picture tells a story
  3. What makes learning motivating?
  4. Classroom management

の4つです。

それでは、見ていきましょう。

 

Motivating learners

語学の教授法コースの最初は、モチベーションの話が出てくることが多い気がします。(他の教科はどうなんだろう)それだけ語学は、学習者のモチベーションが鍵となるんんだろうなぁ。

語学そのものを学ぶことが目的の人の方が少なくて、みんな何か別の目的のために語学を学ぶ人の方が多数派なはず。

そして語学を学び身につけるためには、ある程度の時間と労力が必要。それをどうやって、モチベーションを保ったまま乗り越えられるようにサポートできるか。

この項目ではコース受講者に対して、自分が学生であったときのことについて2つの質問が、尋ねられました。

1つ目の質問は、"What kept you interested in learning?" 

私の答えは、

  • A teacher with passion and knowledge, and she welcomes questions and opinions from students. 
  • Group activities which I can engage in and express my own ideas 
  • Joy of knowing something new and sense of progress. 

 

もう1つの質問は、"What made you switch off?" というもの。

  • Boredoms which made me lose my interest in subject. 
  • Keep sitting at the same position for a long time. 
  • Too much repetition. 

 

学習者のモチベーションを高めるために、教師ができることは、

  1. classroom environment
  2. materials
  3. learner's participation 

の3つの項目のことたち、と。次の項目で詳しく見ていきます。

 

Every picture tells a story

上にあった、教材と学習者の参加についての具体例として、クラス内で写真を使うことが推奨されています。

例えば、この写真を見て、この写真を撮った女性のことを想像してみてください。

f:id:mikachanko4281196:20170226184833j:plain

Using pictures - Exploring the World of English Language Teaching - Cambridge English Language Assessment

彼女はどこから来て、どこに行こうとしているのか。どんな気持ちでいると思うか。この写真を撮る前と後には、どんな出来事が起きるのか。

コースの受講者が考えたことをコメントしていくのですが、みんな違っておもしろい。とてもシンプルだけれど、写真を使うことで視覚的な情報が入って、想像が膨らみます。そして1人1人の学習者が、ちがうアイディアを出し合うことができる。使えそうな写真をたくさん集めて、クラスで使ってみよう!

 

そしてクラスの中で、"Try out something new!" (なにか新しいことをやってみよう!)ということで、たくさんのリンク先が紹介されています。

語学のクラスって、習得に訳立つことだったら、どんなアクティビティを使ってもいいんですよね。そして、ネット上にたーくさんのアイディアや情報がある。goodなウェブサイトを見つけて選ぶ方が難しい。

メモがてら、役に立ちそうなものをこちらにもリンクさせてもらいまーす。

Idioms: To Break the Ice - YouTube

Lessonstream.org by Jamie Keddie Home - Lessonstream.org


 

What makes learning motivating? 

様々な種類のスキルが必要とされる語学学習。それって裏を返せば、色々な形で語学は学べるってこと。

f:id:mikachanko4281196:20170226181102p:plain

この項目では、learning styles(学習スタイル) について学びます。

  • Visual learner (視覚情報を用いた学習を好む)
  • Auditory learner (聴覚情報を用いた学習を好む)
  • Kinaesthic learner (手や体を用いた運動的な学習を好む)
  • interpersonal learner (ペアやグループなど他の人との学習を好む)
  • intrapersonal learner  (個人での学習を好む)
  • experimental learner (実験的な学習を好む)

どの感覚を使った学びが合っているのか、1人で学ぶのが好きなのか、集団で学ぶ方が好きなのかは、1人1人によって違う、と。

確かにそうだなーとも思うし、実際には学習者で「自分の学習スタイルはこれ!」 って自覚している人ってそんなにいないと思う。(私もよく分からない&環境などによって変わる)

教室で教えるとき、特に学習者人数が多いときには、色々な学習スタイルのアクティビティを取り入れることが大事 & 学習者の反応からそれぞれが好んでいるものや得意/不得意そうなものを知って、さらにそれをフィードバックできたら good ですな。

 

Classroom management 

さて、最後はクラスルームマネージメント!うん、大変ですよね。。。ただクラスルームマネージメントと言っても、どのようなものがあるのか、まず見ていきます。

  • Organizing the classroom (クラスの環境や雰囲気など)
  • Organizing the learners (クラス内の指示やグループ作り)
  • Eliciting (生徒から”引き出す”力)
  • Checking understanding (学習者の理解度をチェック)
  • Monitoring (活動のモニタリング)
  • Giving feedback (フィードバック)
  • Boardwork(板書)

 ふむふむふむ。

今更ながら、いろいろ考えなきゃいけないのねーーん。

私の課題は、

  • getting / riviving attention
  • time management
  • activate group works
  • giving instruction

ですね。あ、あとホワイトボードきれいに書きたい。

 

まとめ

少しずつ具体的になってきた week 2! モチベーションは、学習者自身の問題でもあるけれど、クラスの構成次第で、変えられることがたくさんあることを学びました。

そして個人的には、写真の使い方と、指示の出し方がとても参考になりました。

それでは、また来週!