2月のみかづき。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月のみかづき。

"Light the Life"  青年海外協力隊として、ラオスで英語の先生になる!編

【1日50円ブロガーの宮森さんとお話】「人を好きになる」ってこんなに簡単だった。

バイディー!(こんにちは)

突然ですが、今好きな人はいますか?

”ラブ”な好きじゃなくてもいいんです。家族でも友達でも、近所のおじちゃんでも。

今から10秒、自分の好きな人の顔を思い浮かべてみてください。

 

・・・・思い浮かびましたか?

 

1日を50円で売る、プロブロガー宮森はやとさんとお話!

なんで急にこんな話をしたかというと、ブロガーの宮森はやとさんとお話をして、思ったことがありまして。

以前からブログを読ませてもらっていたのですが、今回「1か月限定で1日50円で自分を売ります!」ということをやっていたので、思い切って買わせてもらい、skypeを通して1時間半程お話をしました。

ブログの話に始まり、最後にたどり着いた「好き」の話が1番印象に残りました。

なんでそんな話になったのかというと、以前宮森さんが「彼女じゃないけど、好きで好きで仕方ない女性がいて、その人に何年も贈り物をし続けている」という記事を書いていて。

「なんでそんなに人を好きになれるんですか?」と聞いたのがきっかけでした。

 

100%じゃなくったって、「好き」でいいんだ!

私は人のことを、好きになるのが苦手です。いや、好きになったあと、好きで居続けるのが難しいのです。

「いいなぁ」「好きだなぁ」と思っていたはずなのに、私が求めている事に合わない部分や、嫌な部分が見えてしまうと、少しずつ「好き」が薄まっていく。

そんな感じで、好きの気持ちがが70%くらいになっていくと、「これはもう好きじゃないなぁ」と思って、「好き」と言い切れなくなってしまう。

そんな中で宮森さんが「一度好きになった人のことは一生好き」と言い切ったのを聞いて、「え!?なんで?!」となりました。

宮森さんは、友人でも彼女でも家族でも、「その人のどこか1部分を好きになったら、もうその他の部分は気にしない。」「もうその1部分だけで、好きなんだ」と。

例えば友達だったら、「あいつのしたたかな部分が好き」「いつも変な話をまじめに出来るところが好き」とか。家族だったら、「お母さんのマメなところが好き」でもいいし。嫌いな部分があってもそこはそこ。どーでもいい。

これを聞いて私は、「あ、全部を好きじゃなくても好きでいいのか」と拍子抜けするくらい簡単なことかもしれないけれど、私にとっては目から鱗でした。

それだけで好きっていってOKなのか!

 

なーんだ、「人を好きになる」ってこんなに簡単だったのか。

この話をしたあと、「なんだ。それでいいのかー」と不思議な気持ちで、何度も思い出していました。

1回好きになったら、それを信じてあげればいいんだ。減らしたり、比べたりする必要なんてないし、全部を好きである必要はないんだ。

・・・好きであるっていうことは思っていたよりも自由なものなんだなぁ。

自分が嫌だと思うものを無理に好きになる必要はない。でも、好きな人が増えたら、毎日はきっとずっと楽しくなる。

 もっと自分の好きに「OK」って言ってあげたい。好きのハードルがぐっと下がったらいい。

そんな風に思いました。