2月のみかづき。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月のみかづき。

"Light the Life"  青年海外協力隊として、ラオスで英語の先生になる!編

「第三の居場所」となるシェアハウス「ハイパーリバ邸」を応援したい!

バイディー!(こんにちは)

前回はブロガーの宮森はやとさんと話して思った「好き」について書きましたが、その他にも色々とお話させてもらいました。楽しかったー!

そんな宮森さんが今挑戦しているのは、クラウドファンディング。ネット上で出来る募金活動のようなものです。

 

”「第三の居場所」となるシェアハウス”を応援したい!

このクラウドファンディングで集まった資金を使ってシェアハウス「ハイパーリバ邸」を作ろうとしています。

リバ邸は、

・「世の中の枠組みや空気に苦しくなった人たちが集まる居場所であり、そこで各自が何かしら独自のアウトプットを追求する場所」。
・アウトプットの内容は自由で、ジャンルも規模も収益の有無も問いません。本当に自分のやりたいことを見つけ、それを形にしていく場所。
・各地のリバ邸は「現代の駆け込み寺」というコンセプトは共通していますが、地域や住民の特色に沿って、リバ邸ごとに多様な雰囲気・環境・ルールを持っています。 

要するに「自分が実現したいことを自由にアウトプットする場所」がリバ邸です。 

「シェアハウス」という形式ですが、住人だけでなく、「人生息苦しい」と感じる人たちが気軽に集まってそれぞれが好きなことをできる「第三の居場所」

私は高校時代けっこうしんどくて、行き場がなく図書館によくさぼりにいっていました。こんな場所が近くにあったら、面白かっただろうなぁ。

そんな想いもあり、私もはじめてクラウドファンディングで支援してみました。(4000円)このプロジェクトがどんな風に動いていくのが、純粋に気になるから。「支援した」と思うと、”自分事”になりますね。帰国したら、遊びに行きたい!

このリバ邸のような「第三の居場所」がどんどん当たり前にたくさん生まれていったらいいなぁ。

支援の期限はあと2日!(7月19日まで)まだまだ行けますね!

ぜひぜひ見てみてください!