2月のみかづき。

2月のみかづき。

"Light the Life"  青年海外協力隊として、ラオスで英語の先生になる!編

【Future Learn ESL Week 3】英語における、コミュニケーションスキルってなんだろう?

サバイディー!ラオスからこんにちは。
さて、授業の方もやった内容を記録していますが、今受講しているオンラインのESLコースの方も学んだ内容を記録していきます。リスニングに使えるサイトも紹介しています^^

f:id:mikachanko4281196:20170305195009p:plain

(Page from Exploring the World of English Language Teaching - Cambridge English Language Assessment)

 

英語におけるコミュニケーションスキルって何だろう?

英語に限らず外国語を勉強するということは、その言語を使ってコミュニケーションを可能にするために必要なことを学び、練習しているんですよね。

じゃあそのコミュニケーションを可能にするために必要なスキルってなんなんでしょう?

私たちは、毎日言葉をつかって、何をしているでしょうか?

 

俗にいわれる英語における4スキルは、大きくわけて、

  • Listening
  • Reading 
  • Writing 
  • Reading

があります。

 

このコースでは、その中でも、

Listening と Reading を "Receptive skills (受信するスキル)"、

Writing と Speakingを ”Productive skills (生み出すスキル)" と分けて見ていきます。

 

そしてそれらのスキルを、実際のコミュニケーションに繋がるように purposeful activity を通して学ぶ方法を学びます。

 

Receptive skills

"What do we do when we listen and read?"

さて、私たちが日常で読むとき、聞くときって何をしてるんでしょう?

私たちは母国語でだって、いつも100%理解しているわけではなくて、目的に合わせて違った読み方、聞き方をしているんですよね。

母国語ではそれが自然にできるけれど、外国語のときはそのことを意識して、それぞれの目的に合わせたスキルを練習する必要がある。

例えば、Reading には Skimming (ざっと概要をつかむ)や、Scamming (必要な情報をピックアップする)など、ただ「読みましょう」というのではなくて、その Reading を通して何をして欲しいのか。

その先にあるものをはっきりとさせて指示を出すことで、生徒も集中して、受け身ではなく主体的にタスクに取り組むことができます。

 

そしていくつか、音楽を使って英語を学べるサイトが紹介されていました。

1. Learn Languages with Music Videos, Lyrics and Karaoke!

人気曲の歌詞の穴埋めタイピングゲームのようになっているサイト。レベルごとに単語数を選べます。ちゃんとその場所に簡単に戻れるし、止まってくれるからとてもやりやすい!これは私もやろうっと。

 

2. Music @ ESOL UK

難易度から、学習につかえる英語の曲が選べるサイト。

 

3. ESOLcourses.com (http://www.esolcourses.com/topics/easy-song-quizzes.html)

シンプルな音楽とその曲に関するクイズまとめ。オンラインでクイズが受けられます。

 

authentic materials (実際に使われている英語)も上手く取り入れながら、Reading と Listening を行っていきたいです。

 

Productive skills 

Reading や Listening といった Receptive skillよりも難しいといわれているのが、Speaking や Writing といった Productive skills。自分から発信しなきゃいけないですもんね。

コースの中では、実際に英語を学んでいる様々な国の学生が、なぜ Speaking や Writing が難しいのか話しているビデオを見ました。(What are your challenges?) 

それを見た受講生のコメントでも、"confidence(自信)"が鍵である、というコメントが多くて、結構意外でした。

まずは、とにもかくにも Speak up することを encourage すること。そしてその場よりも後から、ポジティブな形でフィードバックすること。

その他にもアクティビティの例として、自分の Speaking を録音してみること、What's upなどのグループでボイスメッセージを使うこと、ロールプレイをするなどがあげられていました。

また具体的なアイディアは、来週やるそうです!

 

これまでのコースの内容

 コースの概要とWeek 1

 Week 2