2月のみかづき。

2月のみかづき。

"Light the Life"  青年海外協力隊として、ラオスで英語の先生になる!編

【映画:人生フルーツ】自分で決めて自分でつくる かっこいい暮らし 

先週末に、久しぶりに東中野ポレポレにいきました。ポレポレは、2年前に「アラヤシキの住人」を見たときぶりです。今回は映画「人生フルーツ」を見るために。
この間訪れた長野県松川町は、フルーツの町でした。
f:id:mikachanko4281196:20170806145202j:image

いつ頃からか、自分で自分の暮らしをつくることに、ものすごい憧れがむくむくと育っています。以前この映画の予告篇を見て、「見たいな〜でも日本に帰る頃には終わってるな〜」と思っていたら、こちらのブログで今も上映していることが分かり、いそいで劇場へ。
 
週末の午前中だったのもあり、劇場は大賑わい。20代30代の若い人も多い、60代以上の年配の方も多い。席も私が入ったときは、満席にちかく、1番前の席で見ました。
 
映画「人生フルーツ」は、愛知県春日井市にある高蔵寺に住む、建築士の修一さん90歳と 英子さん87歳の夫婦2人の日常を追ったもの。 

最初もっと(映画)っぽい柔らかい絵を予想していたら、ドキュメンタリー(テレビ)だ、なんかそのままだ、と思ったのが第一印象。

2人の過去を振り返りながら、衣・食・住を中心とした暮らしが写っています。

  
それぞれの好きなものを食べる朝食
あつあつのコロッケ
季節のフルーツをつかった手作りデザート
3日かけたベーコン
孫へおくる手作りごはん
孫のためにつくったドールハウス
手作りの黄色い看板(「アッテンションプリーズ!」)
まいにちかく絵手紙
おもちの刻印
にぎやかな国旗
 
2人とってはきっとなんでもない毎日。
それにしても2人とも、マイペースだなぁ。思わず、時々くすっ。うん、すごくいいマイペース。そのペースを壊さないで一緒に暮らしてける2人の不思議で絶妙な距離感。
 
こういう自給自足してます!という暮らしを見ると、大体ほんわかとした気持ちというか、「素敵だねぇ」という風になる。
でも2人の暮らしを見て、1番思ったのは、「かっこいい!!」ということ。 
 
愛しい、とか、潔い、とか、ていねい、とか2人の暮らしを形容する言葉は、たくさんあるんだけれど、やっぱり、かっこいい!というのが1番感じる。
なんとなく流れで今の暮らしにたどり着いたんじゃなくて、自分で考えて、決めて、つくって暮らしてきたんだろうな。ていねいな暮らしの底に、2人のめざした理想の暮らしが深く深く根付いている気がした。
 
かっこいいなぁ、かっこいいなぁ。
自分のために、自分の大切な人のために。
自分の足でたってる。自分できめて、自分の手でつくってる。
 
映画の中では、2人の暮らしの実ったところや、実り始めたところを私たちは見せてもらっているけれど、ここにくるまでの時間はどんなものだったんでしょう。
この暮らしをしようと決めて、つくる過程もみてみたかったなぁ。
 
そして映画では、修一さんが亡くなるところも映し出されています。
亡き顔、すごく自然。きれいだなぁ 安らかだなぁ、本当にお昼寝しているみたい。
長い尺で亡き顔が映される間、劇場のいろいろな場所から、すすり泣きする音が聞こえてくる。死ぬときは、私たちが決められることなんてないと思うけれど、こんな安らかな最期を見せてもらって、ああ、誰か(神さま?)やっぱり見てるんじゃないか、と思ってしまう。
 
これからの世代に受け継ぐ象徴のような、最期の仕事として関わった佐賀県にある精神科クリニック山のサントーレもすごく気になります。それを引き受けた修一さんもすごいし、修一さんに頼みにきたスタッフもすごい。1度見に行ってみたいな。
  
 
上映が終わって後ろを振り返ると、始まる前から賑やかだった若い人3人組が終わった瞬間(あーーー)と声を出して、みんなボロボロ泣いていました。
 駅まで歩くなかで、おばさまたちが(あんな死に方できたらな)なんて話していた。
みんな、それぞれのことを、感じて、映画館を出て行ったんだと思います。
 
見た人は皆、2人の暮らしにきっとすごく憧れる。
でも、そのままそっくり、まねするものではないのもきっと分かってる。
1人1人の理想はきっとちがう。
 
 
"コツコツ"
 
 
自分のやりたいこと 大事だと思うことを、誰かや組織のせいにしないで、自分の手でつくる。形にする。次につなげる。
 
未来の世代のためにできること、手渡せること。
 

「こつこつ ゆっくり」

「時をためる」 
 
20代後半の私は、「時をためる」という感覚がまだよくわからないし、怖いと思うことがある。でも、大丈夫なんだな、時間をかけて生まれてくるものがあるんだよなぁと。
 
私もかっこいい暮らしがしたいぞ。
 
 
自分からはじめることだ
土を作っていく
コツコツ
時間のかかること 
 
 
人生フルーツ。 
なんか分かるようなまだ分からないようなタイトル。笑
もっと時間が経ったら、もっと分かる・・・のかな。
 
 

 映画のこと

東中野での上映は、9月1日まで!

映画『人生フルーツ』公式サイト