2月のみかづき。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月のみかづき。

"Light the Life"  青年海外協力隊として、ラオスで英語の先生になる!編

【青年海外協力隊】3年目の先輩隊員に相談。「協力隊の活動、どうがんばったらいいですか?」

バイディー(こんにちは)mikakoです。

青年海外協力隊としての活動も、すっかり折り返し地点をすぎています。そのことを、カレンダーを見るたびに思ってはどこか ドキっ とする日々です。

そんな中、ボツワナ共和国で協力隊として活動しているパラレルさんことえっちゃんと、色々とお話させてもらいました。

今回、「先輩隊員&後輩隊員 お悩み相談コーナー」の宣伝ということもあり、ほぼ全文がえっちゃんのブログの方で公開されています。

 

ちなみにこんな感じのことを話しています。

・ぼーぺんにゃんと、はほなまたーた。

ラオスボツワナ。どんな国?

ジャイアンだけど、優等生

・終業時間が、夜7時だなんて!

・「がんばる」の難しさ

・協力隊らしさって、なんだろう

ボツワナでの「目標」は?

・要請内容とのギャップ?

・「実際に一歩踏み出す」こと

・「理想」は見えても見えなくても、苦しい。

・自意識を笑い飛ばして、進む。

・理想と現実のギャップをどれだけ埋めたかが、成果。

・自分と周りのひとが、どうなったら嬉しい?

・理想の種は「嫌な気持ち」から。

・サポーターの役割

・「残り10ヶ月」と「残り3ヶ月」。

 今回なんと全部で5時間、話していたんです・・・!それでもまだまだ話たかったー!

協力隊として活動中の人はもちろんのこと、「前に進みたい」と思う人。

ぜひ読んでみてください。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

改めてこうやって公開されたものを見ると、自分の甘えっぷりに、「きぃぃやぁーーー」となりながら、私が1番聞きたかったことって「協力隊、どうがんばったらいいですか?」ということだったのかなと思います。

毎日「頑張っている」はずなのに、協力隊としてなんとなくどこか「不安」やら「物足りなさ」を感じている私。このままでいいのかな、って。

話をさせてもらったのえっちゃんは、ボツワナで協力隊として、クラフトビジネス支援をして3年目。もうすぐ任期が終わり、後に引き継ぐ準備をしながら、これからの協力隊隊員を支えようとしています。そう、いつも前に進んでいるんです。そして成果を出している。

 

今回、何か言ったら受け止ってもらえるなという安心感もあり、また何か自分とはちがう考えが返ってくるのが1つ1つ楽しみでした。

「理想ってどうやって育てたらいいんだろう」「成果を出すために必要なことって?」「行動したいけど怖い時に邪魔をしているものは」「やっぱり前に進みたい!」

そして気付いたら、たくさん具体的なヒントももらっていました。 

 

協力隊で自分と違う時間枠(来てすぐ、半年目、1年目、帰国後とか)にいる人は、見えている景色がちがう。そういう人と言葉を交わしていると、雑談しているだけでもヒントがもらえるんですね。純粋に違う国の生活や活動を聞くのも楽しい。

そして最後のサポーターのところで話していて思ったのですが、別に”悩み”ではなくても、なにか今思っていることを、少し距離のある人、でもその人のおかれている立場を想像出来る人に、ただ話してみること。そこから生まてくるものがある気がする。

といことで、最後にお知らせ&募集です。

今回話をしてくれたえっちゃんの方で、雑談したい隊員を募集しています。雑談、すごいくおもしろいです。ぜひ興味のある方は、お気軽に連絡してみてください!

 

【PR】雑談したい隊員を募集します!(まずは先輩隊員から)

ここまでお読みいただいた皆様、雑談にお付き合いありがとうございました。

さて、突然ですが、当お悩み相談コーナー(ただの雑談をする会)では、後輩隊員との雑談につきあってくれる 先輩隊員(現役またはOV)を募集しています。

応募条件は

赴任から半年以上たっている現役隊員 または 任期終了後3年以内くらいまでのOV

・1~2時間くらいオンラインで雑談をする時間的余裕がある(単発でOKです)

・とりあえず人の話が聞ける方

今回は「雑談ってどんな感じ?」というのを紹介するために公開雑談としましたが、基本的に雑談は一般公開しません。隊員同士のクローズドな雑談の会となります。(たまに気が向いたら記事化のお願いをさせていただきます。)人数は1対1のときもあれば複数名の場合もあります。

また、応募にあたって、すごい活動結果やノウハウ、応援系スキルなどは、特に必要ありません。

しいていえば、協力隊の活動で煮詰まって「誰かに、話をきいてもらいたい・・」とおもったときに、「よい聞き手」に話をきいてもらった、幸せな経験のある方をお待ちしています。

「このひとに話をきいてもらってよかったな、ありがとう」と思ったことのある方は、次は自分が「よい聞き手」となって、他のひとの気持ちに耳を傾けられると思うので。

もしくは、全然「よい聞き手」に出会えなくて悲しかった経験がある方も、ぜひお待ちしています。反面教師に勝るものはありません。

ボランタリーな活動なので無報酬ですが、新しい試みや、人との出会いにわくわくするタイプの方には楽しんでいただけるかと思います。

「聞き手」の先輩隊員よりも、「話したい (モヤモヤしてる)」後輩隊員のほうが集まりやすいと思うので、まずは先輩隊員を募集します。後輩隊員枠は、その後募集します。

ただ、先輩隊員枠で集まったメンバーで雑談するのもおもしろそうなので、企画するかもしれません。その場合、「先輩枠のつもりが実は一番後輩になっちゃった」ということもありえますが、そのときはごめんなさい!

あまり細かいことはまだ考えていませんので、フレキシブルに対応いたします。隊員同士の雑談ってなんとなく面白そう、興味ある、話だけ聞いてみたいなど、少しでも気になったら、お気軽にお問い合わせください。

雑談メンバー募集! メールアドレス
dinaledi.info825@gmail.com

後輩枠の募集もはじまったそうです!ぜひぜひぜひ〜〜〜

 

それでは!