2月のみかづき。

2月のみかづき。

"Light the Life"  青年海外協力隊として、ラオスで英語の先生になる!編

【ラオスで英語】ラオスの人、やっぱり英語を勉強したいんだ!

サバイディー!

f:id:mikachanko4281196:20150920084412j:plain

ひさしぶりに朝散歩。近所のお寺。

 

昨日に引き続き、今日も1日中、担当する英語のクラスへの問い合わせの電話がずっと鳴ってたり、事務所に本当にたくさんの人が申し込みに来ていました。

30人のクラス×2クラスで60人定員予定でしたが、急遽35人×2クラスになって(ちょっとおいおい)70人に定員が増えました。きょえー。

それでも、まだ勉強したい人の問い合わせがあって断っている状況・・・

先着順だから、今日の夕方事務所まで来て「マーサー!テムレーオ!(来るのが遅かったよ。もういっぱいです)」って断っていて、心苦しい。。

「今日午前中、仕事があって来れなかったんだよー。どうしてもだめ?」なんて聞かれると、「えええーなんとかならないかな」と思いつつ、1人にOKしちゃうとキリがなくなっちゃうかなと思い、断りました。

もう1つクラス増やせない?って聞かれたけど、1人でやるのを考えるとキャパオーバー。さすがに無理です!といいました。

(落ち着いたら、夕方にEnglish Clubみたいなのつくって、今回出来なかった人も来れるようにしたいなぁ。。。)

仕事を休んで勉強が出来る!っていうのもあるだろうけれど、何人か登録に来た人が、「学校で勉強したけど上手く話せないから、練習したい」 「話す機会がほしい」「これから必要になると思うから」「学校で英語教えてるけど、もうちょっと勉強したい」などなど。それぞれの勉強したい理由を話してくれました。

 

そして今日は、事務所の2人(英語勉強したい)に、事前にレベル分けテストを受けてもらいました。ライティングとスピーキング

「ニャーク!ニャーク!(難しい)」と言いながらも、黙々と一生懸命取り組んでいました。途中で、他の人が教えようとするから、「だめーー!」と阻止!(笑)ラオスでは、カンニングは文化(?)なんて聞くくらい、とても多いそう。月曜日大丈夫かな?

 

ラオスの人の「英語を勉強したい」「勉強しなきゃ」っていう気持ちが、こんなに強いとは思ってなかったです。よし、準備がんばるぞ。